野村不動産/各住戸専用トランクルームを介した外部倉庫利用サービスを導入開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

野村不動産/各住戸専用トランクルームを介した外部倉庫利用サービスを導入開始

不在時の受け取り・受け渡しを可能にした、業界初のサービス

各住戸専用トランクルームを介した外部倉庫利用サービスを導入開始

野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮嶋誠一、以下「野村不動産」)は、東京 都荒川区の新築分譲マンション「プラウド日暮里テラス」にて、宅配型トランクルームサービスを提供するデータサイエンス プロフェッショナルズと連携し、業界初(※1)となりますマンション内の各住戸専用トランクルームを介した外部倉庫の利用 サービスを導入することとなりましたので、お知らせいたします。 本サービスでは、個人の生活スタイルやライフステージによって変動するモノの量に合わせてクローゼットを拡張するとい うことをコンセプトとし、外部倉庫を自宅のクローゼットの延長として気軽に利用し、専有部の空間を広げることで、入居 者の生活を豊かで快適にすることを目指しました。 従来は、荷物の受け取りや受け渡しに在宅が必要だったことや、共用部の宅配ボックスが既に利用で埋まっている場 合にはサービスの利用ができませんでしたが、各住戸の専用トランクルームを介することで、不在時にも荷物の受け取り や受け渡しが可能となり、再配達にかかる負荷を減らせることも導入の後押しとなりました。

※1 データサイエンスプロフェッショナルズ調べ

■サービス詳細

今回、マンション共用の宅配ボックスに加え、あらかじめ各住戸に設置される専用トランクルームを活用し、荷物の受 け渡しを行うことができる、業界初の仕組みを導入しています。また、マンションのスケールメリットを活かした配送フロー を設け、発送や取出しにかかる手数料を無料としました。

【業界初】※

※新築分譲マンションにおける、各戸に設置されたトランクルームを介して、集荷・お届けを実施すること、また取り出し・発送の送料が無 料となるサービスが業界初。

※一度の取り扱い個数や申込時期には制限があります。

■サービスメリット

・受け取り、受け渡しに在宅の必要がないため、再配達にかかる負荷を減らします

・ライフステージの変化によって変動するモノを必要な時に必要なだけ取り出す活用方法で、 専有部の空間の広がりが生まれ、生活がより豊かで快適に

・重たいモノでも玄関にある専用トランクルームを利用するため、持ち運びの手間が軽減

・預けた中身は、一点一点無料で写真を撮影し、専用 WEB ページへ反映。 保管された内容は全てスマホやPCで一括管理が可能となり、 一点から取り出しも可能となる。