物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

TIS/会津大学と自律移動するロボットを活用した搬送業務自動化の実証実験を実施

TISと会津大学が自律移動するロボットを活用した搬送業務自動化の実証実験を実施
~ 自律移動ロボットのデータモデルの標準化を目指す ~

2019年11月13日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)と、公立大学法人会津大学(所在地:福島県会津若松市、理事長兼学長:岡 嶐一、以下:会津大学)は、共同で「在庫管理システムと自律移動配送ロボットを連携させた搬送業務の自動化」を目指す実証実験を会津大学内のLICTiA(先端ICTラボ)にて2019年11月26日~11月28日で実施することを発表します。

本実証実験は、TISと会津大学が共同研究を進める「自律移動する異機種ロボットに関する要素技術の研究」の研究成果を検証することを目的としています。
FIWARE(ファイウェア)※1を活用しTISが開発を進めている「ロボット間のデータ連携」などを実現するプラットフォーム「RoboticBase」と、会津大学で研究開発している自律移動ロボットを連携することで、搬送業務のラストワンマイルの自動化をユースケースとして実施します。

※1:FIWARE:FI(Future Internet)WARE(次世代インターネット基盤ソフトウェア)。FI-PPPが次世代インターネット技術における欧州の競争力強化と、社会・公共分野のスマートアプリケーション開発を支援するために、開発した基盤ソフトウェア。参考URL:https://www.fiware.org/

本実証実験の概要

本実証実験の概要

今回の実証実験を通じて、TISでは、「RoboticBase」と様々な業務システムの容易な連携と、異機種ロボットのインターフェースを共通化することで簡単な接続が可能になる仕組みの検証を行います。これにより、将来的には、様々な業務システムとサービスロボットを活用した業務サービスの構築を目指します。

会津大学では、クラウドロボティックスの概念による情報システムとロボットとが一体となった新しい技術を確立することで、自律移動ロボットのより柔軟な経路設定など、サービスロボットの実用化への貢献を目指します。

TISと会津大学では、今回の実証実験を踏まえて、今後は社会課題解決を目指して福島県会津若松市や南相馬市などのフィールドで社会実装を目指した実証実験を計画しています。

実証実験の概要

  • 実施期間: 2019年11月26日(火)~11月29日(金)(29日は予備日)
  • 実施場所: 会津大学内 LICTiA
  • 概要: TIS開発の「RoboticBase」および在庫管理システム(EVEN※2や在庫管理サービス)と、会津大学が研究用に開発している自律移動ロボットを使って、搬送業務のラストワンマイルの自動化をユースケースとした実証実験を行います。

実証実験の目的と検証ポイント

  1. 「RoboticBase」とERPシステムとの連携の容易性の確認
  2. 自律移動ロボットの新しい経路計画方式の実現性の確認
  3. 「RoboticBase」と自律移動ロボット間のインターフェースにおけるデータモデルの確認

※2: EVEN: TIS長野が提供する在庫管理システム(https://www.tis-n.co.jp/it-solution/even/

背景

労働力不足や高齢化問題といった社会課題の解決には、人の業務の一部を物理的に代行できるサービスロボットの活用が将来的に有益な手段の一つと考えられます。これまでの業務システムにおいては、人とシステムのインターフェースを中心に業務プロセスが設計されていました。
サービスロボットの活用においては、そのシステムの業務プロセスの中に人とサービスロボットの役割を明確にした設計をすることで、新たな業務サービスが実現できます。

TISでは、サービスロボットを業務システムに組み込む手段として「RoboticBase」の活用を想定し、今回のような実証実験を通じた開発を進めています。

今後の展開

TISでは、実証実験を通じて「RoboticBase」のロボットを統合管理する機能(ロボット統合稼働管理機能、ロボット統合業務管理機能、ロボットタスク管理機能、ロボット外部システム連携機能など)の充実を図っていきます。搬送業務やビル管理業務などで、業務システムとサービスロボットを連携したサービス提供を目指していきます。
また、ロボットや業務システムとの接続性を容易に実現するための標準化活動として、今回の実証実験で使用した「RoboticBase」と自律移動ロボットのインターフェースをデータモデルとして定義します。更に、FIWAREの普及を民間主導で推進する非営利団体であるFIWARE Foundation e.V.内のRobotics Tech Roadmap WG※3にて、データモデルの精査とFIWARE data modelsへの登録を目指した活動を計画しています。

※3: Robotics Tech Roadmap WG: FIWARE Foundation e.v.のメンバーでRobotis分野におけるテクノロジーRoadmapを検討するためのワーキンググループ(参加メンバーはTIS以外にFIWARE Foundation、Fraunhofer IML 、Atos、eProsima等)

「RoboticBase」について

TISの「RoboticBase」は、IoT・スマートシティ向け基盤ソフトウェア「FIWARE」を活用した、複数のサービスロボットの統合的管理と、業務システムとロボットやセンサーなどの相互連携を実現するためのプラットフォームです。「RoboticBase」には、研究開発用の「RoboticBase-Core」とお客様への提供用の「RoboticBase」があります。

1)「RoboticBase-Core」
研究開発用に開発し、基本機能に特化したもので、今回の実証実験でも使用しています。幅広い利用からのフィードバックを受けるためオープンソースとして公開しています。
公開先:https://github.com/RoboticBase

2)「RoboticBase」
「RoboticBase-Core」を基盤とした商用版のプラットフォームで、警備ロボット、清掃ロボット、搬送ロボットなど種類の違うロボットを統合管理するための機能や、人が作業する業務システムとの連携を行います。今後はドローンを活用する機能などもリリース予定です。

公立大学法人会津大学について

公立大学法人会津大学(会津大学)は、ITの専門大学としての特徴を活かし、災害対応などのロボット及びロボット用ソフトウェアの研究開発、ロボットネットワーク・クラウドロボティクスに関する研究開発、ロボット関連ソフトウェアの標準化とソフトウェアライブラリの公開によるロボット技術の普及・人材育成などを推進しています。https://www.u-aizu.ac.jp/

TIS株式会社について

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。