物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ロジザード/経常利益は前年比26・8%減(2020年6月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

2020年6月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            売上高  営業利益  経常利益  四半期純利益

2020年6月期第1四半期 384 △3.5  59 △31.4  59 △26.8  37 △33.2

2019年6月期第1四半期 398 ―   86 ―    81 ―    55 ―

(注)包括利益 2020年6月期第1四半期 36 百万円 ( △33.9%) 2019年6月期第1四半期 55 百万円 ( ―%)

(略)

(1)経営成績に関する説明

当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、海外経済の減速に伴い、輸出入や企業の設備統制がやや低調 に推移いたしましたが、貿易摩擦や不安定な国際情勢の影響による海外景気減速懸念が継続しており、先行きは不 透明な状態が続いております。 当社サービスの主たる顧客にあたる流通業界においても、主要な通販アイテムのサブスクリプション型提供への 移行、オンラインとオフラインの融合など、IT技術の進化を背景に販売手法が日々変化しており、その販売を実現 するリアルタイムな在庫管理ニーズも高まりを見せております。 このような状況の中で、当第1四半期連結累計期間は、AGV連携、EC代金のコンビニエンスストア支払いシステム との連携など自動化省力化関連対応、並びに消費税軽減税率対応などをロジザードZEROへ機能追加致しました この結果、製品開発に特化し開発・導入サービスが減少したことにより、当第1四半期連結会計期間の売上高は 384,689千円(前年同期比3.5%減少)となりました。利益につきましては、人件費の増加により営業利益 59,352千 円(前年同期比31.4%減少)、経常利益 59,287千円(前年同期比26.8%減少)、親会社株主に帰属する四半期純利 益37,311千円(前年同期比33.2%減少)となりました。 なお、当社グループは、在庫管理システムの単一セグメントであるため、セグメント別の記載を行っておりませ んが、サービス別の業績は、以下のとおりであります。

(クラウドサービス)

当サービスにおいては、新規取引先の増加などにより順調に推移し、当第1四半期連結累計期間における売上 高は275,035千円(前年同期比13.7%増加)となりました。

(開発・導入サービス)

当サ―ビスにおいては、前期に大型案件の追加開発があった為、当第1四半期連結累計期間における売上高は 80,154千円(前年同期比40.3%減少)となりました。 (機器販売サービス) 当サービスにおいて、サプライ品及びラベルプリンターなどの販売は順調に推移し、当第1四半期連結累計期 間における売上高は29,499千円(前年同期比28.7%増加)となりました。

(略)