物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

澁澤倉庫/経常利益は前年比23・7%増(2020年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

2020年3月期  第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            営業収益  営業利益  経常利益  四半期純利益

2020年3月期第2四半期 34,078 5.5  2,273 23.3  2,447 23.7  1,654 26.2

2019年3月期第2四半期 32,308 2.0  1,843 6.4   1,978 12.7  1,311 12.1

(注)包括利益 2020年3月期第2四半期 1,718百万円 (32.4%) 2019年3月期第2四半期 1,297百万円 (△35.4%)

(略)

(1)経営成績に関する説明

当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用環境の改善が続くなか、個人消費が持ち直すなど、緩や かな回復基調で推移しました。一方で、通商問題を巡る緊張や中国経済の先行きなど、海外経済の今後の見通しは 不確実性が高く、先行き不透明な状況が続きました。 このような経済情勢にあって、物流業界では輸出を中心に弱さが続いているものの、堅調な設備投資や個人消費 を背景に国内貨物の荷動きは底堅く推移しました。また、不動産業界では都市部におけるオフィスビルの空室率は 低い水準を維持し、賃料相場は僅かながら上昇傾向で推移しました。 このような事業環境のもと、当社グループは、中期経営計画「Step Up 2019」に掲げた事業戦略を積極的に推進 してまいりました。物流事業においては、物流一括受託業務や高付加価値業務の拡販に努めるとともに、海外にお いても、国際物流や現地国内物流の拡大、および事業基盤の強化に取り組んだほか、国内外の拠点における新規営 業活動に努め、また、不動産事業においては、既存施設の計画的な保守および改良工事を実施し、現有資産の付加 価値向上や安定的な収益基盤の維持に努めてまいりました。 この結果、当第2四半期連結累計期間の営業収益は、物流事業において新設拠点の稼働などに伴う消費財の取扱 い増加や、輸出入貨物の取扱い増加により、倉庫業務、陸上運送業務、港湾運送業務、国際輸送業務が伸長したほ か、不動産事業が堅調に推移したことにより、前年同期比17億7千万円(5.5%)増の340億7千8百万円となりま した。営業利益は、物流事業での貨物の取扱い増加により、同4億3千万円(23.3%)増の22億7千3百万円とな り、経常利益は、同4億6千8百万円(23.7%)増の24億4千7百万円となりました。また、親会社株主に帰属す る四半期純利益は、同3億4千3百万円(26.2%)増の16億5千4百万円となりました。 当社グループのセグメントの概況は、次のとおりであります。

① 物流事業

倉庫業務は、新設拠点の収益寄与や日用品、飲料などの保管業務が好調に推移したことに加え、消費増税対応の 一時的な取扱い増加もあり、営業収益は前年同期比2億8千1百万円(4.0%)増の74億1千3百万円となりまし た。 港湾運送業務は、日用品や電気機器の輸出入荷捌業務が増加したことにより、営業収益は前年同期比1億8千8 百万円(6.2%)増の32億1千5百万円となりました。 陸上運送業務は、日用品や輸入貨物の荷動きが好調なことに加え、倉庫業務の取扱い増加により輸配送業務が拡 大し、営業収益は前年同期比13億9百万円(8.2%)増の172億5千2百万円となりました。 国際輸送業務は、航空貨物の取扱いは減少したものの、輸出入海上貨物の取扱いが増加したことにより、営業収 益は前年同期比3千2百万円(1.5%)増の22億5千9百万円となりました。 その他の物流業務は、テナント退去による物流施設賃貸収入が減少したことにより、営業収益は前年同期比4千 4百万円(4.1%)減の10億4千4百万円となりました。 この結果、物流事業全体の営業収益は前年同期比17億6千8百万円(6.0%)増の311億8千5百万円となりまし た。営業費用は、取扱い増加に伴う作業費のほか、倉庫賃借費用などの増加により、前年同期比14億6百万円 (5.0%)増の294億9千8百万円となりました。以上により、営業利益は前年同期比3億6千1百万円(27.3%) 増の16億8千6百万円となりました。

② 不動産事業

ビル管理業務の取扱いが減少したものの、一部施設の賃料改定により不動産賃貸収入が増加し、営業収益は前年 同期比1千万円(0.4%)増の29億5千8百万円となりました。営業費用は、一部施設の修繕費や改修に伴う減価 償却費などが増加し、前年同期比1千万円(0.7%)増の14億3千5百万円となりました。以上により、営業利益 は前年同期並みの15億2千3百万円となりました。

(略)