物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

東部ネットワーク/売上高は前年比2・2%増、経常利益は前年比22・6%減(2020年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結))

2020年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
単位・百万円  

            売上高  営業利益   経常利益  四半期純利益

2020年3月期第2四半期 6,612 2.2  363 △22.2  384 △22.6  273 △20.0

2019年3月期第2四半期 6,472 0.1  467 14.5   497 14.5   341 21.7

(略)

(1)経営成績に関する説明

当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、緩やかな回復基調で推移したものの、頻発した自然災害や今秋 の消費税引き上げに伴う景気への影響など、国内景気は力強さに欠ける状況が続いております。また、米中貿易 摩擦の深刻化など世界経済の動向が日本経済に影響を与えることが懸念されており、先行きは依然として不透明 な状況で推移いたしました。 当貨物自動車運送業界におきましては、景気減速懸念から輸送数量が減少し、輸送効率の低下に加え、原油価 格の不安定な状況や常態化した人手不足等で厳しい経営環境が続いております。今後の見通しにつきましても、 輸送数量の減少による収益性の低下やコスト面では、人件費の上昇が継続する見込みであります。 このような環境下、当社は前期より推進してきた西日本地区における物流サービス網の拡充、収益性向上に向 けた3PL事業の推進に積極的に取り組んでまいりました。 営業面では、新規3PL事業として、マルチテナント型物流施設の神戸物流センターが6月より稼働開始し、 同時に開設した西日本配車センターによる西日本地区の輸送情報を一元管理し、輸送効率の向上を図ることが可 能となりました。今後も3PL事業の強化・拡大を行い、お客様のニーズに応える物流ソリューションサービス を推進し、戦略的投資を積極的に進めてまいります。 以上の結果、当第2四半期累計期間の売上高は6,612,679千円(前年同期比2.2%増)、営業利益363,972千円 (前年同期比22.2%減)、経常利益384,953千円(前年同期比22.6%減)、四半期純利益273,258千円(前年同期 比20.0%減)となりました。 セグメント別の業績につきましては、次のとおりであります。

(貨物自動車運送事業)

飲料輸送は、輸送量の伸び悩みがありましたが、西日本地区の輸送実績が好調に推移したことから、落込み分 をカバーし増収となりました。 セメント輸送は、荷主との積極的な受注交渉を講じましたが、大口取引先の終了や国内におけるセメント販売 が減少した影響により、減収となりました。 以上から、当事業の売上高は、関連業務の荷役・保管作業収入を含め、4,664,086千円(前年同期比7.0%増)、 セグメント利益は、適正運賃の収受に向けた交渉を継続しておりますが、繁忙期対応による営業費用の増加及び 人手不足による収益性の低下、並びに新センター立ち上げ費用の影響により、188,446千円(前年同期比34.6% 減)となりました。

(商品販売事業)

石油販売は、大口販売先の終了が大きく影響し、大幅な減収となりました。セメント販売につきましては、新 たに取引先を獲得できましたので増収となりました。 この結果、当事業の売上高は、1,214,862千円(前年同期比7.5%減)、セグメント利益は7,055千円(前年同期 比30.1%減)となりました。

(不動産賃貸事業)

自社施設の提供は、大きな異動はなく前年同期並みでありました。借上施設の提供につきましては、取引先飲 料メーカーの契約終了により減収となりました。 この結果、当事業の売上高は648,753千円(前年同期比9.2%減)、セグメント利益は321,715千円(前年同期比 0.3%減)となりました。

(その他事業)

自動車整備事業は、一般修理の受注増で増収となりましたが、派遣業は、派遣契約先の減少により、減収とな りました。 この結果、当事業の売上高は、84,977千円(前年同期比3.3%減)、セグメント利益は15,086千円(前年同期比 78.2%増)となりました。

(略)