物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

Amazon/宮城県でAmazon Flexを運用開始、業務委託のデリバリーパートナーを募集

Amazon、宮城県でAmazon Flexを運用開始、業務委託のデリバリーパートナーを募集

~ ドライバー自身がスケジュールを決め、Amazonのテクノロジーを活かして商品を配達 ~
~ 報酬は月370,000円も可能、週ごとにお支払い ~
~ Amazonの自社物流強化 ~
Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、11月5日、個人と直接契約して行うサービスAmazon Flexを宮城県で導入し、同エリアで商品を配達するデリバリーパートナーの募集を開始しました。デリバリーパートナーは個人事業主としてAmazonと直接契約を結び、業務時間と日時を自由に選ぶことができます。働き方によっては宮城県では月額370,000円の収入を得ることも可能で、報酬は週ごとのお支払いとなります。アプリをダウンロードし登録することで、簡単にAmazon Flexを開始することができます。

Amazon Flexは、Amazonが構築する高度な物流システムとテクノロジーを融合したシステムで、効率的な業務が可能になります。20歳以上で、黒ナンバーを取得した貨トラックや軽バンなどの軽貨物自動車があり、貨物軽自動車運送事業の届出をされていて、必要な保険に加入している方であれば、どなたでも応募することができます。登録、スケジュール管理、そして商品配送はすべてAmazon Flexアプリで行うことができます。未経験の方もサポートできるように、デリバリーパートナーは配送業務を開始する前にガイダンスに参加することができます。デリバリーパートナー募集に関する詳細は、https://flex.amazon.co.jp  をご覧ください。

Amazon Flexの募集対象エリアは現在のところ東京、神奈川、千葉、愛知、北海道5つのエリアですが、今後さらにエリアが拡大する予定です。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしています。「宮城県でAmazon Flexを導入することにより、何千人もの方々に、ご自身のペースで柔軟に働くことができる個人事業主となる機会を創出できること、またAmazonのテクノロジーを活用してお客様に商品をお届けできることを大変嬉しく思います。既存の配送サービスを全国で拡大しつつ、Amazon Flexによって、より多くのお客様にサービスをご利用いただけるよう、サービスの向上に努めてまいります。」

<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom(http://amazon-press.jp)およびAmazonブログ(http://blog.aboutamazon.jp)から。