ヤマトホールディングス/Fittingステーション 取り扱いアパレルが100ブランド以上に拡大|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ヤマトホールディングス/Fittingステーション 取り扱いアパレルが100ブランド以上に拡大

Fittingステーション 取り扱いアパレルが100ブランド以上に拡大!
~さらに試着&お直し拠点が名古屋・大阪にも~

 ヤマトホールディングス株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長 長尾 裕、以下「YHD」)が提供する「Fittingステーション」サービスに、新たなアパレルブランドが加わり、100以上のアパレルブランドで利用が可能になりました。11月以降導入が決定したアパレルブランドもあり、今後も様々なアパレルブランドからサービスをご利用いただける環境を拡大していきます。
 さらに11月1日からは、今まで関東のみであった試着・お直しができる「Fittingステーション」拠点が名古屋・大阪に新たに加わり、より多くのお客様にご利用いただけるようになりました。

1.背景およびサービス概要

 アパレル市場ではECによる販売が伸長しており、アパレル事業者では実店舗のみならずEC強化の取り組みを進めています。一方現状は、EC購入者が「現物を見ることができない」、「試着ができない」、「届いた商品がイメージと異なる」などの抵抗感や不満感を抱いている課題があります。そうした中、ヤマトグループは2019年3月25日にオンラインショップで購入した商品を実店舗で試着した上で受け取ることができる「Fittingステーション」サービスを開始しました。
 サービス開始後、取り扱いアパレルブランドと試着・お直しができる「Fittingステーション」拠点の拡大を推進してまいりました。仕事の帰り際にオフィス近くの拠点で利用するビジネス層のお客様や、子どもの保育園への送迎前などの隙間時間で利用するお客様などが多く、店舗でゆっくり見る時間がない人のお買い物機会創出にも貢献しております。また、デニムのような実際に身に着けないとサイズやデザイン、着心地などが合っているか判断が難しい商品や、スーツのように着用時にサイズ調整をしたい商品の購入においても多くのご利用をいただいております。

(1)オンラインショップ利用者のメリット

 ・お客様のライフスタイルに最適な時間、場所で受け取りや試着を利用できます。
 ・商品を試着できるため、アパレルのオンラインショップでも安心・納得して購入することができます。
 ・商品のサイズが合わない場合、店舗のスタッフに、その場でお直しを依頼することができます。
 ・返品業務を店舗スタッフが行うため、梱包・発送作業の手間を省くことができます。

(2)アパレル事業者のメリット

 ・お客様とのリアルな接点(タッチポイント)を創出します。
 ・お客様が試着からお直しまで一連のサービスを利用でき、安心・納得して商品を購入できるため
  販売増加にともなう収益アップが見込めます。
 ・オンラインショップでありながら、「試着を希望する」という新たなお客様層を獲得します。
 ・フェイスカバーの使用等、自宅よりも良い環境で試着ができ、衣類へのダメージが少なく、
  また返品時も店舗ですぐ作業を行うため、返品遅れによる販売機 会損失を防ぎます。

2.「Fittingステーション」取り扱いブランドと拠点一覧(11月1日時点)

3.今後について
「Fittingステーション」の取り扱いブランド・拠点をさらに拡大し、お客様の利便性向上に貢献します。さらに、より多くのアパレル事業者に「Fittingステーション」の利用をしていただきやすい環境づくりも推進していきます。