日本貨物航空/国際的な運航安全監査プログラム、IOSAの認証を更新|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本貨物航空/国際的な運航安全監査プログラム、IOSAの認証を更新

IOSAの認証を更新

国際運航における安全監査基準を満たす

 

日本貨物航空株式会社(NCA、本社:千葉県成田市、社長:大鹿 仁史)は、2019年10月19日付けで国際航空運送協会(IATA)が運営する国際的な運航安全監査プログラム、IOSAの認証を更新しました。有効期限は2021年10月19日迄の2年間です。

NCAは今後も安全運航・輸送品質の更なる向上を目指して取り組んでまいります。

登録状況は、以下のIATAのホームページにてご覧いただけます。
https://www.iata.org/whatwedo/safety/audit/iosa/Pages/operator.aspx?c=NCA

※IATA=International Air Transport Association
※IOSA=IATA Operational Safety Audit