日本貨物航空/CEIV Pharma成田空港コミュニティに参画|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本貨物航空/CEIV Pharma成田空港コミュニティに参画

CEIV Pharma成田空港コミュニティに参画

日本貨物航空株式会社(NCA、本社:千葉県成田市、社長:大鹿 仁史)は、2019年10月、IATAが推進する医薬品航空輸送認証制度「CEIV Pharma」の認証取得に関し、成田国際空株式会社が主体となる「成田空港コミュニティ」に参画し、同認証の取得を目指すことと致しました。

 

CEIV Pharmaを取得することにより、「GDP」(医療・医薬品の物流に関する適正物流基準)を包括的に網羅し、当社の医薬品航空輸送が、世界基準の高い輸送品質で取り扱われていることを証明するものとなります。

NCAは今後も輸送品質の更なる向上を目指して取り組んでまいります。

 

CEIV Pharma
"The Center of Excellence for Independent Validation in Pharmaceutical Logistics"。 IATAが2014年に策定した医薬品の航空輸送に関する品質認証プログラム。安全性、セキュリティ、コンプライアンス、効率性による品質保証。

 

GDP
"Good Distribution Practice" 適正物流基準 。国連等の定めたGDPに適合した国際統一基準により、医薬品製造から最終消費者への供給までの過程における保管・輸送等の流通過程の品質を保証する基本指針。

 

(添付)成田空港コミュニティが「CEIV Pharma」認証の取得を開始