商船三井/運航・管理する船舶11隻が海上保安本部長から表彰|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

商船三井/運航・管理する船舶11隻が海上保安本部長から表彰

当社が運航・管理する船舶11隻が海上保安本部長から表彰
~ 継続的な海洋情報の提供による貢献を評価 ~

株式会社商船三井(社長:池田 潤一郎、本社:東京都港区、以下「当社」)が運航・管理する船舶11隻が、海上保安庁の海洋情報業務に多大な貢献をしてきたことが評価され、第三管区、第五管区及び第十管区海上保安本部長から表彰されました。

【第三管区海上保安本部長表彰対象船名】

  • 鉱石専用船 「BAOSTEEL EMOTION(バオスチール エモーション)」
  • 鉱石専用船 「RMC ALTAIR(RMC アルタイル)」
  • 鉱炭兼用船 「MIDNIGHT DREAM(ミッドナイト ドリーム)」
  • 鉱炭兼用船 「JASPER DREAM(ジャスパー ドリーム)」
  • コンテナ船 「ONE COMPETENCE(ONE コンピテンス)」
  • コンテナ船 「MOL MANEUVER(MOL マニューバー)」
  • LNG船 「エネルギーナビゲーター」

【第五管区海上保安本部長表彰対象船名】

  • LNG船 「アル ズバーラ」
  • コンテナ船 「MOL CELEBRATION(MOL セレブレーション)」

【第十管区海上保安本部長表彰対象船名】

  • 原油タンカー「AZUMASAN(アズマサン)」
  • 木材チップ船 「ALBANY PIONEER(アルバニー パイオニア)」

本表彰は、水路記念日(注1)にあたり、海洋情報業務(海の調査や海洋情報の提供)に貢献した個人・団体に対し海上保安本部長から感謝状が贈呈されるものです。今般、当社船舶が、長期に渡って海洋情報(海水温や海流・潮流(注2)の観測データ)を提供したことが評価され、11隻が表彰対象となりました。

海洋情報の提供は、海流・潮流などの海洋状況の調査・観測により海洋情報を収集している海上保安庁海洋情報部の業務の手助けとなり、そして海洋情報部が提供する航海に関する様々な情報は日本に寄港する多くの船の安全を支えています。

9月12日には第三管区海上保安本部にて表彰式が執り行われ、関係者を代表して、当社海上安全部長 谷本が出席し、第三管区海上保安本部長より感謝状を贈呈されました。


第三管区海上保安本部長より感謝状を受領する当社海上安全部長 谷本

当社は今後も海洋情報の提供に継続して取り組み、社会とともに相乗的・持続的に成長する企業として、海上の安全と地球環境の保全に貢献していきます。

(注1)水路記念日:9月12日。1871(明治4)年9月12日(旧暦7月28日)、海上保安庁水路局(現海上保安庁海洋情報部)の前身である兵部省海軍部水路局が設置されたことに由来している。

(注2)海流・潮流:特定の航海計器を搭載する船舶のみ観測可能