日本通運/香港発インド向け海上混載サービスを開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本通運/香港発インド向け海上混載サービスを開始

日通、香港発インド向け海上混載サービスを開始

当社の東アジアブロック(常務執行役員:杉山龍雄)は、香港発インド・ナバシェバ向けの海上混載サービスを9月より開始いたしました。

20190925-1-1.jpg

【サービス内容】

  1. 発着ともに日本通運グループによる高品質な一貫輸送を提供します。
  2. 同サービスは、週一回の定期運行を行い、13日間のリードタイムとなります。

<週間スケジュール>

CFS 締切香港出港ナバシェバ入港リードタイム
DAY -2 (月) DAY 0 (水) DAY +13 (火) 13日間

【ターゲット貨物】
中国華南エリア発の電機・電子部品、日用雑貨品・アパレル関連など

【サービス開発の背景】
拡大を続けるインド向け出荷に関して、発着ともに自社CFSでの作業を実施し、積み替えのない直行船を使用することによる高品質サービスを確立しました。

【今後の展開】
ナバシェバ発、アフリカ・ケニア向けの自社仕立て一貫混載輸送サービスの開発を進めます。さらにナバシェバにおいて、日本や東南アジア発の貨物をインドからの貨物と合わせて混載を行い、アフリカ・ケニア向けに自社輸送サービスを構築します。

当社は、今後も多様化する物流ニーズにお応えする為、新しい輸送商品を開発し、企業理念に掲げる「物流から新たな価値を創る」ことを目指します。