物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ecbo/カフェや美容室など50業種以上のお店で宅配物を受け取りできる新サービス「ecbo pickup」を始動

ecbo、新サービス「ecbo pickup」を始動!日本初、カフェや美容室など50業種以上のお店で宅配物を受け取り 〜再配達をゼロに、持続可能なラストワンマイル物流を目指す〜

 ecbo株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:工藤慎一、以下 ecbo)は、50業種以上のお店で、EC等で購入した宅配物のかんたん受け取りができる日本初のサービス「ecbo pickup(エクボピックアップ)」を始動したことをお知らせいたします。

 

※サービスの開始時期については、追ってご案内いたします。
 

  • ecbo pickupの利用メリット

 「ecbo pickup」は、カフェや美容室、カラオケ店、神社など50業種以上ある既存のecbo cloak(エクボクローク)の荷物預かり店舗で宅配物の受け取りができるサービスです。
 
宅配ロッカーを設置することなく、ecbo cloakと同様にコストゼロで導入できます。契約店舗は遊休スペースを活用でき、自店へのお客様の集客につなげることができます。対象店舗の近隣に住むお客様は、宅配物を確実に受け取ることができ、これまで訪れたことのなかった店舗への来店機会も創出します。
 
 「ecbo pickup」は、滞留してる宅配物を街中のお店に一時保管し、ユーザーとつなげることで、新たな地域コミュニケーションを提案します。

 
 

  • 現在の再配達問題から解決できること

1. 導入コストゼロ

宅配ロッカー等と違い、設置・維持コストゼロで短期的に受け取り場所を増やせる
 
2. 確実に宅配物を受け取り可能

ライフスタイルに合わせて、全国好きな場所・タイミングで受け取ることができる

 

3. 来店促進
これまで来店機会のなかったお客様の集客につなげることができる
 


 

  • ecboのこれまでのあゆみとecbo pickup発表への思い

 ecboは「モノの所有を、自由に。」というミッションを掲げ、モノを管理する煩わしさから世界中の人々を解放し、『必要なときに、必要なモノが、必要としている人の手元にある』世界を目指しています。
 
その世界を実現するための第一歩として、かねてより荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」を運営し、全国47都道府県1,000以上の店舗・施設の遊休スペースを活用した、事前予約による荷物預かりを実施してまいりました。
 
 ecboは、この度発表をした「ecbo pickup」により、手荷物預かりのみならず、ユーザーの元に届く宅配物も一時的にお預かりすることで、日常生活における選択肢を増やし、さらには物流業界の再配達課題の解決にも貢献してまいります。

 

 

  • 「ecbo pickup」受け取り店についてご興味のある店舗さま

下記URL入力フォームより必要事項をご入力ください。

後ほど弊社担当よりご入力いただいたメールアドレス宛にご連絡をいたします。
https://ecbo.typeform.com/to/bsQOI8
 
 

  • 会社概要

【ecbo株式会社】
代表取締役社長:工藤 慎一
設立年月日:2015年6月2日
会社ページ:https://ecbo.io
オウンドメディア:https://ecbonist.ecbo.io/
住所:東京都渋谷区東3-24−2 恵比寿STビル3階
主な事業:店舗の遊休スペースを使った荷物預かりプラットフォーム「ecbo cloak」の運営、オウンドメディア「ecbonist」の運営、宅配物受け取りプラットフォーム「ecbo pickup」の開発