ANAカーゴ/PRIO温度管理商品をPRIO PHARMA、PRIO TEMPに刷新|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ANAカーゴ/PRIO温度管理商品をPRIO PHARMA、PRIO TEMPに刷新

PRIO温度管理商品をPRIO PHARMA、PRIO TEMPに刷新します

平素よりANAグループをご利用頂きまして、誠に有り難うございます。
今回ANAでは医薬品や生鮮品、化学品等、温度管理が必要な貨物に対する顧客・業界のニーズに対応する為、既存商品であるPRIO PHARMA、PRIO COOL、PRIO IBから商材毎にカテゴリー分け、温度管理コンテナの整理を実施し、より分かり易い商品体系PRIO PHARMA、PRIO TEMPへ刷新いたします。

[商品概要]

PRIO PHARMA.png■ PRIO PHARMA

①概要  :医薬品専用温度管理輸送サービス
②対象貨物:温度管理輸送が必要な医薬品
③サービス内容:温度管理コンテナの使用に加え、積み付け、蔵置、解体時における3時間毎の温度管理コンテナの温度チェックを実施します。

■PRIO TEMP

①概要  :医薬品以外の保冷コンテナ使用輸送サービスPRIO TEMP.png
②対象貨物:医薬品以外の温度管理を必要とする貨物 (生鮮品、乳製品、冷凍品、化学品等)
③サービス内容:保冷コンテナを使用した輸送を実施します。
※既存商品である『PRIO IB』、『PRIO COOL』は上記のPRIO PHARMA、PRIO TEMPに統合となります。

コンテナラインナップ.png※ va-Q-tainerは今年度11月頃導入予定。
※ 一部コンテナは使用路線に制限がございます。
※ コンテナの在庫状況等は営業担当もしくは予約担当にお問い合わせ下さい。

[サービス開始日]
2019年9月2日(月)搬入分から

[対象路線]
路線: ANAグループ運航便及び、ANAオンライン空港間就航のエアラインチャーター便
※ ブロックスペース便、コードシェア便、JVパートナー便は対象外となります。
※ 日本を除く海外空港RFS(Road Feeder Service)は不可となります。

[お客様へお願い]
■ ご予約時、「PRIO PHARMA」または「PRIO TEMP」とお伝え頂き、書類とラベルをご準備いただきますようお願い申し上げます。
■ eSPICAにてご予約される際は下記の通りSCCコードの入力をお願いいたします。
・PRIO PHARMA : 『PHA』、及び医薬品を表すIATAコード『PIL』  
・PRIO TEMP : 『PTM』
■書類 : AWBのAccounting Information欄に「PRIO PHARMA」または「PRIO TEMP」とご記載ください。
■ラベル: 「PRIO PHARMA」または「PRIO TEMP」専用ラベルを貨物に貼付ください。
    [PRIO PHARMA]           [PRIO TEMP]
    PHARMA label.png           TEMP label.png

※またPRIO PHARMAには「IATA TIME AND TEMPERATURE SENSITIVE LABEL」も貼付ください。

[冷蔵・冷凍貨物コード変更について]
温度管理商品刷新に伴い冷蔵・冷凍貨物コードを下記の通りIATA標準コードへ変更致します。
eSPICAにてご予約される際は注意いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

図1.png

詳細につきましては弊社ANA Cargoホームページ(https://www.anacargo.jp/ja/int/service/)をご覧ください。
ご不明な点がございましたら営業担当もしくは予約担当迄お問い合わせください。