物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

カンダホールディングス/経常利益は前年比50・8%増(2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

2020年3月期  第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            営業収益  営業利益  経常利益  当期純利益

2020年3月期第1四半期 11,062 3.2  504 52.5   514 50.8   295 83.1

2019年3月期第1四半期 10,719 6.7  330 △35.3  340 △34.6  161 △38.2

(注)包括利益 2020年3月期第1四半期 331百万円 (53.6%) 2019年3月期第1四半期 215百万円 (△26.0%)

(略)

(1)経営成績に関する説明

当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善により緩やかに回復してい るものの、米中貿易摩擦の長期化、それに伴う世界経済の減速懸念など、景気の先行きは引き続き不透明な状況で 推移しております。 物流業界におきましては、ドライバー等人手不足による人件費や外注費の増加など、取り巻く経営環境は依然と して厳しい状況が続いております。 このような状況の中、当社グループでは、既存顧客の深耕や新規顧客の獲得などにより受注量の増加に努めてま いりました。また、不採算営業所の黒字化を図るべく「業績改善運動」を引き続き推進してまいりました。 以上の結果、当第1四半期連結累計期間の営業収益は、前連結会計年度に受託した業務が順次業績に寄与したこ と等により11,062百万円(前年同四半期比3.2%増)となりました。利益面では、前期に計上した加須豊野台物流 センターの新規立ち上げ費用及び近隣拠点再編に伴う費用が無くなったこと、前連結会計年度末に減損損失を計上 したことによるのれん等償却額の減少、「業績改善運動」の効果等により、営業利益は504百万円(前年同四半期 比52.5%増)、経常利益は514百万円(前年同四半期比50.8%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は295百万 円(前年同四半期比83.1%増)となりました。

(略)