日陸/ケミカルロジテックのタンク・トランス部門を買収|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日陸/ケミカルロジテックのタンク・トランス部門を買収

株式譲渡契約書締結のお知らせ

株式会社日陸(本社:東京都千代田区、社長:能登洋一)は、ケミカルロジテック株式会 社(本社:東京都港区、社長:水田敬二)がタンク・トランス部門を新設分割により 100%子会社化した後、その子会社の株式譲渡を受ける契約を2019年6月19日付で締結し ましたのでお知らせします。ケミカルロジテック株式会社のタンク・トランス部門は、名 古屋市港区潮見地区にタンク33基からなるタンクターミナル(名古屋ケミポート)を有 し、液体化学品の保管・受払受託事業およびマルチワークステーション事業を行っていま すが、タンク・トランス部門を新設分割の方式により2019年10月1日付で100%子会社化 し、同日付でその発行済株式全てを当社が譲受する予定です。

1.株式譲受の理由

当社は 1981 年に大阪府高石市に高石ケミカル株式会社を設立、タンクターミナル事業を開 始し、2017 年 12 月には株式会社東京液体化成品センターを子会社化、川崎地区・名古屋 地区に無機化学品に特化したタンクターミナルを設けました。この度譲渡を受ける分割新 会社は、タンク 33 基の内 22 基が SUS 製であり、消防法第4類に対応しております。さ らに近年マルチワークステーションを新設しており、当社の ISO タンクコンテナ、IBC等 特殊容器及びそれらの輸送からなるフォワーディング事業との多大なるシナジー効果が期 待できます。また、当社の名古屋輸送事業所及び中部物流センターとは 10 キロ圏内の位置 にあり、それらとの連携による総合的な化学品物流をワンストップで提供することが可能 となります。

2.新設分割会社の概要(譲受後)

(1) 名 称 株式会社 NRS ケミカルセンター

(2) 本社所在地 東京都千代田区神田錦町 3-7-1

(3) 代表者 代表取締役社長 田野泰二

(4) 事業内容 ケミカルタンクターミナル事業

(5) 資本金 50 百万円

(6) 事業所 名古屋ケミポート(愛知県名古屋市港区潮見 37-31)