物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ブレインウェーブ/物流プラットフォーム「はぴロジ」が「スクロール360」と業務提携およびASIMSを提供して分散出荷を開始

物流プラットフォーム「はぴロジ」が「スクロール360」と業務提携およびASIMSを提供して分散出荷を開始

株式会社ブレインウェーブ(本社:大阪市西区、代表取締役社長:園田有希生)と、通販におけるソリューションを提供する株式会社スクロール360(本社:静岡県浜松市中区、取締役社長:山崎正之)は、2019年7月1日付けで業務提携を行い、第1弾の取り組みとしてスクロール360の分散出荷サービスにおけるコアシステムとして「はぴロジASIMS」が採用されました。

■業務提携の背景
倉庫との接続により全国をカバーする物流プラットフォームを構築する「はぴロジ」と、通販企業に向けて物流を含む通販ワンストップサービスを提供する「スクロール360」は、社会問題化しているラストワンマイルに於けるリソース不足の問題や物流のボトルネック解消に対して、倉庫領域とシステム領域を縦断するソリューションの構築を行うために、業務提携を締結するに至ったものです。

■取り組みについて
昨今の物流業界は物流クライシスが叫ばれるなか、出荷制限や配送コストの値上がりが止まらない状況にあります。
配送コストの削減や配送リードタイムの短縮といった、通販事業者各社が抱える課題を解決するために、スクロール360社は、同社が持つ全国の物流拠点(関東、中部、関西、北海道)と、はぴロジの物流プラットフォームおよび「ASIMS」の連携により、分散出荷サービスを提供開始します。

※ASIMSとは(Automatic Shipping Information Management System)
はぴロジの流通プラットフォームを制御するコアシステム。
全国の提携倉庫が運用するWMSと接続することで、倉庫ネットワークを形成し、ショッピングカートシステムや荷主企業との各種データ連携および変換を一元的に行います。

<はぴロジとは?>
全国の倉庫をクラウドシステムが制御することにより、出荷業務の自動化を行う高度な物流プラットフォームと、プラットフォーム上で荷主企業と提携物流事業者を繋ぎ、物流業務を運営する事業の総称です。
<何ができるのか?>
はぴロジのプラットフォームを活用して、①ECの出荷業務におけるデータ変換や同梱物の制御などのバックヤード業務をシステムにより自動化、②プラットフォーム上の複数の出荷拠点を制御により「在庫の分散保管」や「出荷の分散」等を行い、物流効率を最大化します。

■株式会社スクロール360 会社概要
【社名】株式会社スクロール360
【本社】静岡県浜松市中区佐藤二丁目24番1号
【URL】https://www.scroll360.jp/
【代表者】代表取締役会長 堀田 守
【取締役社長】山崎 正之
【事業内容】通販業務(受注、物流、決済)代行、通販システム構築、販促支援(Web広告)、コンピュータ業務受託等
【設立】1986年3月

■株式会社ブレインウェーブ 会社概要
【社名】株式会社ブレインウェーブ
【本社】大阪府大阪市西区北堀江1-2-19 アステリオ北堀江3F
【支社】東京都港区南青山4-20-4 ホリアージュ南青山1F
福岡県福岡市中央区大名1-3-46 大名イマンスビル5F
【URL】https://www.bwave.co.jp/https://www.happylogi.com/
【代表者】代表取締役社長 園田有希生
【事業内容】流通プラットフォーム事業「はぴロジ」、システム開発事業
【設立】1997年4月1日