日本郵船/曳船事業子会社2社が合併|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/曳船事業子会社2社が合併

~曳船事業子会社2社が合併、グループシナジーを追求~

本日、当社グループの曳船事業子会社である株式会社ウィングマリタイムサービスと海洋興業株式会社が合併しました。

<新会社の概要>

商号(和名): 株式会社 新日本海洋社
  (英名): Shin-Nippon Kaiyosha
所 在 地 : 横浜市西区みなとみらい 2丁目2-1 横浜ランドマークタワー13階
代 表 者 : 代表取締役社長 多々良 幸尋
株   主 : 当社100%
資 本 金 : 4億9千万円
社 員 数 : 283名
合 併 日 : 2019年7月1日

社長の多々良は新会社発足にあたり、「㈱ウイングマリタイムサービスは主に横浜、川崎、千葉地区で曳船サービスならびにエスコートサービスを提供してきました。海洋興業㈱は東京湾において製鉄会社、電力会社、造船所等向けの曳船サービスを行うとともに、海上曳航作業、警戒業務、海洋開発プロジェクトのサポート業務などの事業で着実に実績を重ねてきました。
今後はお客様の多様化するニーズに今まで以上に迅速かつ的確にお応えするため、両社の経営資源を統合し、海陸従業員一丸となって邁進します」と述べました。

当社グループは中期経営計画"Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green"で掲げる新たな価値創造と効率化を達成するため、グループシナジーを最大限に発揮し、持続可能な成長のために取り組みます。

日本初のLNG燃料船「魁(さきがけ)」