東京急行電鉄/紛失防止タグ「MAMORIO」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

東京急行電鉄/紛失防止タグ「MAMORIO」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を開始

東急線各駅で、紛失防止タグ「MAMORIO」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を開始します

~東急線内のお忘れ物の早期受け渡しを目指します~

東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、お忘れ物の早期発見・通達・受け渡しを目的に、7月1日(月)から、MAMORIO株式会社(以下、MAMORIO社)が提供する紛失防止タグ「MAMORIO」(以下、紛失防止タグ)、及びタブレット端末版「MAMORIO Spot」(以下、タブレット端末)を活用した、「お忘れ物自動通知サービス」(以下、本サービス)を、東急線各駅(※一部駅を除く)で開始します。本サービスの導入としては、関東の鉄道事業者として最大規模の設置数となります。

本サービスでは、紛失防止タグを付けた所持品を紛失した際、紛失物の位置情報を、MAMORIO社の専用アプリ上で確認することができます。具体的には、まず東急線各駅(※一部駅を除く)の駅務室にタブレット端末を設置します。そして、紛失物が駅務室に届けられると、取り付けられている紛失防止タグから発信されている電波をタブレット端末が検知し、紛失物の位置情報を持ち主に通知します。

両社は、MAMORIO社が、東急電鉄が実施している、スタートアップ企業と東急グループの事業共創を目的とした「東急アクセラレートプログラム」に応募していたことから、2016年11月から2017年4月まで、東急線渋谷駅にて本サービスを活用した実証実験を行いました。今般、本サービスが全国約700路線の鉄道・バス事業者へ導入されるなど、紛失防止タグの所有者が増加したことなどを踏まえ、東急電鉄は、東急線各駅での正式なサービス導入を決定しました。

東急電鉄は、中期3か年経営計画「Make the Sustainable Growth」において、鉄道事業の強靭化を目指しており、駅の快適性・利便性向上に取り組んでいます。今後も、AI(人工知能)やIoT技術なども活用した利便性の高いサービスを提供することで、安全、安心、快適な東急線を目指していきます。

MAMORIO社は、今後も、「なくすを、なくす。」をミッションとし、最先端のテクノロジーを活用することで、お客様が紛失で悲しむことのない未来を創る取り組みを目指して邁進して参ります。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。
東急線各駅で、紛失防止タグ「MAMORIO」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を開始します
~東急線内のお忘れ物の早期受け渡しを目指します~