アルプス物流 /中国子会社が兆普電子(上海)有限公司の株式を100%取得|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

アルプス物流 /中国子会社が兆普電子(上海)有限公司の株式を100%取得

当社中国子会社による株式取得(子会社化)に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、当社中国子会社である泰達アルプス物流(上海)有限 公司(以下、「泰達アルプス物流」といいます。)が、兆普電子(上海)有限公司(以下、「兆普電 子」といいます。)の株式を 100%取得し、当社グループ子会社とすることを決議いたしましたの で、下記の通りお知らせいたします。

1.株式の取得の理由

当社グループは、当社と国内外の関係会社で構成され、国内外の顧客に対して電子部品を主要 貨物とした運送・保管・フォワーディング等のサービスを一貫して提供する総合物流サービス事 業及び、包装資材・成形材料・電子デバイスの仕入販売事業を行っております。 中国においては、1995 年に天津市で現地合弁の物流子会社を設立し事業を開始し、その後、中 国各都市に現地法人を設立し、中国内の物流ネットワークを構築するとともに中国内外への物流 サービスを展開しております。 泰達アルプス物流は、中国の上海・松江区に拠点を置き、当社グループ各社と連携して物流サ ービスを提供しております。 今般、泰達アルプス物流が株式を取得する兆普電子は、台湾系 SIMPLO(新普)グループである SMP Holdings International Incorporated 社からの 100%出資により 2001 年に設立され、松江 総合保税地域に位置しております。現在では、兆普電子は生産活動を停止しておりますが、建物 は所有しております。 今回、泰達アルプス物流が兆普電子の株式を取得して子会社化し、同社の建物を取得すること により、同地域における物流サービスの基盤強化と事業の効率化を図るものです。

2.異動する子会社(兆普電子)の概要

(1) 名 称 兆普電子(上海)有限公司

(2) 所 在 地 上海松江出口加工区三庄路 368 号

(3) 代表者の役職・氏名 董事兼総経理 周志鹏

(4) 事 業 内 容

一次電池・PC 周辺機器・電子部品の製造・販売と関連サービス

(5) 資 本 金 20 百万人民元(332 百万円)

(6) 設 立 年 月 日 2001 年 8 月 21 日

(7) 大株主及び持株比率 SMP Holdings International Incorporated(100%)

(略)

3.株式取得の相手先の概要

(1) 名 称 SMP Holdings International Incorporated

(2) 所 在 地 3rd Floor,Omar Hodge Building,Wickhams Cay I, P.O.Box 362,Road Town,Tortola,British Virgin Islands,VG1110

(3) 代表者の役職・氏名 董事長兼総経理 宋福祥

(4) 事 業 内 容 持株会社

(5) 資 本 金 4,587 百万台湾ドル(16,146 百万円)

(6) 設 立 年 月 日 2000 年 10 月 12 日

(7) 大株主及び持株比率 SIMPLO Technology(B.V.I)CO.,LTD(100%)

(略)

4.取得株式数、取得価額及び取得前後の所有株式の状況

(1) 異動前の所有持分割合 0%(議決権所有割合:0%)

(2) 取 得 持 分 100%

(3) 取 得 価 額 83 百万人民元(1,333 百万円)

(4) 異動後の所有持分割合 100%(議決権所有割合:100%)

(注)上記2~4の項目については、以下の為替レートを使用して外貨を円に換算しています。 1人民元:15.94 円、1台湾ドル:3.52 円。

5.日 程

(1) 取 締 役 会 決 議 日 2019 年 5 月 24 日

(2) 契 約 締 結 日 2019 年 5 月 27 日(予定)

(3) 払 込 期 日 2019 年 5 月 27 日(予定)

6.今後の見通し

本件による、2020 年3月期の連結業績への影響は軽微であると見込んでおります。