エーアイテイー/上海~東京間のハイブリッドプレミアムデリバリーサービス開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

エーアイテイー/上海~東京間のハイブリッドプレミアムデリバリーサービス開始

各位 株式会社エーアイテイー

業界初!!上海~東京間のハイブリッドプレミアムデリバリーサービス開始

拝啓時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のご高配を賜り、 厚く御礼申し上げます。 さて、5 月 31 日より、上海フェリー株式会社及び JR 貨物グループと協力し、上海東京間 を大阪港経由でフェリーと鉄道で結び、最終仕向け地まで一貫輸送するハイブリッドプレ ミアムデリバリーサービス(シー&レール)を開始いたしますのでご案内をいたします。 本サービスは、当社グループの上海倉庫で荷受し、フェリーで大阪港まで輸送後、大阪の 各駅に搬入し、JR 貨物グループの鉄道で東京まで混載保税輸送の上、最終仕向け地まで配 送を行うものです。 東京港揚げの貨物の場合、同港が常時混雑しているため、本船が入港しても着岸するこ とができず納期の見込みが立たないという問題が多発しており、多くのお客様を悩ませて います。 また、本船入港後、効率よく輸送できるようドレーやトラック、デバンニングのスケジュ ールを確保していることが通常ですが、本船の着岸が遅れると、そのスケジュールを変更 しなければならず、ドレーが確保できない等の理由で、着岸してもデバンニングが完了す るまで 1 週間程度を要してしまうケースが生じており、納期遅延の大きな要因になってい ます。 本サービスは上海から東京までのリードタイムを安定的に 4 日で提供できるため、これ ら諸問題の解決に大いに貢献できます。お客様の"納期を確実に守りたい"というニーズに 的確に応えるサービスであり、現状、最も安定的に利用可能な複合一貫輸送サービスとい えます。 また、本サービスは定時運航率の高さに加え、上海の CFS カット時間がコンテナ船の場 合よりも遅いため現地生産サイドにもメリットがあります。 さらに、鉄道を利用するため、エコ化やトラック不足の解消にも貢献できます。  来年にはオリンピックも控えており、東京港は一層の混雑が予想されますが、当社は本 サービスの開始によって、お客様に大きなソリューションを提供してまいります。 今後も、更なるサービス向上に努める所存ですので、引き続きご愛顧賜ります様お願い 申し上げます