物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

郵船クルーズ/客船「飛鳥2」のリニューアルを2020年に実施

客船「飛鳥Ⅱ」のリニューアルを2020年に実施

当社グループの郵船クルーズ株式会社が運航する日本船籍最大の客船「飛鳥Ⅱ」(50,142トン、乗客定員872名)は、2020年1月中旬から45日間かけて、シンガポールのドック「センブコープ・マリン(Sembcorp Marine)」でリニューアル工事を実施します。

リニューアル工事では、露天風呂、和洋室の客室、パソコンや読書が楽しめるブックラウンジを新たに設け、レストランを改装し、エントランスホールに大画面LEDディスプレイを設置します。さらに全客室・船内公共エリア(一部除く)でのWi-Fi サービス(有料)や客室でのビデオオンデマンドサービスを導入します。また、世界的に強化される環境規制に対応するために排ガス脱硫装置(SOxスクラバー装置、注)を搭載します。

当社グループは飛鳥クルーズのさらなるブランド向上と成長を持続させ、生まれ変わった特別な空間と心のこもった和のおもてなしで、環境にやさしく高品質なクルーズをお届けします。

【リニューアル後のイメージ】

露天風呂

ブックラウンジ

カジュアルダイニングレストラン

和洋室

エントランスホール

※上記は、2019年5月時点のものであり、内容及びイメージは変更・中止となる可能性があります。

(注)SOxスクラバー装置
船舶の燃料中の硫黄分濃度に関する規制強化への対応手段の一つとされている装置。船舶のエンジンから排出されるSOx(硫黄酸化物)を含む排気ガスに海水を噴霧して硫黄分を除去することにより、SOx排出量を86%削減することが可能。

「飛鳥Ⅱ」
船籍:日本 船籍港(母港):横浜港 総トン数:50,142トン 全長:241m 乗客数:872名 乗組員数:約470名 客室数:436室(全室海側)

<郵船クルーズ株式会社>
本社:横浜市西区
代表者:代表取締役社長 坂本 深