日本貨物航空/ACAS(Air Cargo Advanced Screening)プログラム運用開始に伴う貨物情報提出時間についてのお願い|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本貨物航空/ACAS(Air Cargo Advanced Screening)プログラム運用開始に伴う貨物情報提出時間についてのお願い

ACAS(Air Cargo Advanced Screening)プログラム運用開始に伴う貨物情報提出時間についてのお願い
拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は弊社便をご利用いただきまして、誠に有難うございます。
 今般、2018 年6 月12 日に米国政府より航空貨物のセキュリティー強化を目的に施行されたACAS(AirCargo Advanced Screening)プログラムが12 ケ月間の猶予期間を経て、2019 年6 月12 日より本格的な運用が開始されます。運用開始後は、米国向けの航空機に搭載される航空貨物に対して、航空機への搭載前までに米国当局から搭載許可を取得する必要がございますので、締め切り時間までに情報のご提出をお願い致したく、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

1.適用開始日:2019年6月12日 (米国到着分より適用)

2.対象貨物:米国向けおよび米国を経由する航空貨物

3.ご依頼事項:

(1)①AWB 券面情報(FWB)、HAWB 混載情報(FHL)の電子的データ

 ご予約されたフライト出発時間の4時間前までにご提出をお願い致します。

②航空運送状、混載航空運送状

 ご予約されたフライト出発時間の3 時間前までにご提出をお願い致します。

尚、お時間に間に合わない場合は、その写しをE-mail、FAX 等で以下連絡先までご提出をお願い致します。

【成田国際空港内南部貨物地区 輸出チーム】
TEL : 0476-29-5800 FAX : 0476-29-5811 E-Mail : nrtfekz@nca.aero

(2)IATA Cargo-IMP に即した正確な情報の送信をお願い致します。混載貨物の場合は、CONSOLIDATION等の混載である旨、ストレート貨物の場合は、品名をFWBに記載をお願い致します。FHL には包括的ではなく、具体的な品名の記載をお願い致します。

(3)スモールパッケージをお取り扱いのお客様につきましては、AMS 事前申告制度と同様に、貴社にてFHL の電子的データを米国当局へ直接送信をお願い致します。
米国当局からの搭載許可を得た後に、弊社上屋まで貨物の搬入をお願い致します。FWB につきましては、現行同様に弊社宛に送信をお願い致します。万が一、貨物搬入後に米国当局から*PER/PSN のメッセージを受信した場合、その旨を速やかに上記輸出チーム宛てにご連絡をいただけますようお願い致します。
*PER/PSN = SN、6H、6J、6I、7H、7J、7I、8H、8J、8I

4.情報のご提出をいただけない場合について

所定の時間までに正確な情報の提出をいただけない場合、ご予約されたフライトへの搭載ができない可能性がございます。余裕を持った早めの情報提出をお願い致します。

5.貨物情報の守秘義務について

弊社は、お客様からご提出頂いた貨物情報の内容につきまして、これを輸送目的以外には使用する事はございません。また米国当局から指示があった場合を除き、米国当局を含む外部へこれを開示することはございません。

6.航空会社責任について

弊社に対して米国当局より罰則および罰金が課され、お客様に過失があると認められた場合は、お客様に請求させて頂く場合がございます。予め、ご了承願います。

7.お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、弊社営業担当または予約担当までお問合せ願います。

以上

PDF(添付)ACAS 申告データ項目.pdf