国土交通省/パナマ運河の円滑な通航に向け今後も緊密に意見交換を続けることで一致(阿達国土交通大臣政務官のパナマ・ペルー出張の結果概要)|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/パナマ運河の円滑な通航に向け今後も緊密に意見交換を続けることで一致(阿達国土交通大臣政務官のパナマ・ペルー出張の結果概要)

阿達国土交通大臣政務官のパナマ・ペルー出張の結果概要

令和元年5月10日

阿達国土交通大臣政務官は、4月27日から5月2日まで、パナマ及びペルーに出張し、パナマ及びペルーの政府要人等と会談を行い、両国政府との関係強化を行いました。

 パナマでは、ロイ運河担当大臣兼メトロ公社総裁と会談を行い、日本のモノレール技術の導入が決定されているパナマ首都圏都市交通3号線整備計画について意見交換を行いました。また、同大臣兼総裁及びキハーノ運河庁長官との会談では、パナマ運河の円滑な通航に向け、今後も緊密に意見交換を続けることで一致しました。
 ペルーでは、ハラ運輸通信大臣と会談を行い、リマ首都圏都市交通に関する技術的な支援について意見交換を行うとともに、日本の質の高い輸送・計画技術についてトップセールスを行いました。また、ペルー日系人や日本とペルーの文化交流の拠点である日秘文化会館を訪問し、ペルーへの日本人移住120周年にあたる日ペルー交流年への祝いの言葉を述べました。

 会談等の模様は別紙のとおりです。

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

別紙(PDF形式)PDF形式