東京納品代行/イタリア国際フォワーディング企業と業務提携契約締結|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

東京納品代行/イタリア国際フォワーディング企業と業務提携契約締結

高級インポートファッションブランドの物流事業を強化

~イタリア国際フォワーディング企業と業務提携契約締結~

センコーグループの東京納品代行株式会社(社長:伊藤裕之、以下「東京納品代行」)は、国際フォワーディング事業を展開するイタリアのサヴィーノ デル ベーネ(SAVINO DEL BENE S.p.A 会長:Paolo Nocentini、以下「SDB」)及び、SDBの100%子会社のサヴィーノ デル ベーネ ジャパン株式会社(SAVINO DEL BENE JAPAN 社長:Flavio Gori、以下「SDBJ」)との間で本日、業務提携契約を締結致しました。

東京納品代行は、運送事業を主体とした百貨店納品代行事業(百貨店への配送、商品の流通加工)から創業し、現在では、インポートファッションブランド企業の日本国内への入荷から店頭配送までのトータル物流が事業の主軸になりつつあります。

一方のSDBは、イタリア国内での物流の他、全世界に285拠点を有し、航空輸送、海上輸送、保税通関業務などをグローバル展開しています。

日欧間のEPA発効により繊維や革製品等の関税が撤廃されることで、欧州のファッションブランドの多くが本国主導で日本への進出を計画しています。

東京納品代行は、日本に紹介されていないファッションブランド進出の支援のため、ファッションの本場であるイタリアに本社を置くSDBと連携した営業を欧州で展開し、新たな顧客を開拓致します。

一方、SDBJは、東京納品代行のインフラソースを使い、日本国内で物流基盤を構築し、欧州から日本への物流需要を開拓致します。

東京納品代行、SDB、SDBJ、それぞれが強みを活かした営業展開を行い、競争力と国際一貫物流体制の強化を図ってまいります。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。