国土交通省/マレーシアにおけるコールドチェーン物流運営事業へのJOIN出資を認可|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/マレーシアにおけるコールドチェーン物流運営事業へのJOIN出資を認可

マレーシアにおけるコールドチェーン物流運営事業へのJOIN出資を認可

平成31年4月1日

 3月26日、(株)海外交通・都市開発事業支援機構による、マレーシアにおけるコールドチェーン物流運営事業への
出資(約36億円)について、国土交通大臣が認可し、3月29日、JOINと我が国企業の現地子会社であるTASCO社
との間で、本事業の出資に係る契約が締結されました。
 これにより、我が国物流事業者のマレーシアでのコールドチェーン物流事業への参画をJOINが後押しします。


 

 本事業は、マレーシアのクアラルンプール近郊において、JOINが郵船ロジスティクス株式会社の現地子会社(TASCO社)
とともに事業会社を設立し、コールドチェーン物流※1事業に参画するものです。
 マレーシアでは、経済成長による冷凍・冷蔵食品の消費量の増加に伴い、コールドチェーン物流※1の需要が高まっており、
今回の支援により、本邦企業が有する物流事業に関する知見やノウハウの海外展開を後押しします。
 なお、我が国は、マレーシアをASEANにおいて最も力強くコールドチェーン物流を推進すべき重点国の一つとしており、
日本式コールドチェーン物流を戦略的に展開していくこととしています。※2
 
※1 生産地から消費地まで、温度管理を伴う輸送・保管等を行う物流方式。
※2 「ASEANスマートコールドチェーン構想」の実現にむけて ~オールジャパンで取り組むビジョン及び戦略を策定~
   (平成31年3月8日報道発表) → http://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu01_hh_000434.html


≪本事業の概要≫
■ 参画企業 : TASCO社、JOIN
■ JOIN出資額 : 約36億円
■ 倉庫数 : 8棟(取得予定2棟含む)
■ 倉庫総床面積 : 約80,000㎡

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式