商船三井/KarpowershipとLNG発電船事業におけるパートナーシップを構築|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

商船三井/KarpowershipとLNG発電船事業におけるパートナーシップを構築

商船三井とKarpowershipがLNG発電船事業におけるパートナーシップを構築

~世界最大の発電船事業者とアジア最大のFSRU事業者が共同営業・投資へ~

株式会社商船三井(*1)(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)及びKarpower International B.V.社(*2)(CEO:Orhan Remzi Karadeniz、本社:トルコ・イスタンブール、以下「Karpowership社」)はこのたび、"KARMOL(カルエムオーエル)"のブランド名の下、世界で最も信頼できるLNG発電船のソリューションプロバイダーとして、LNG発電船事業におけるパートナーシップを構築する事に合意しました。両社はKARMOLを通じて発電船事業に関する投資及び営業活動を共同で行います。

KARMOLによるLNG発電船事業は、浮体式LNG貯蔵再ガス化設備(FSRU)を通じて発電船にガス供給し、発電した電力を安定的に陸上設備に提供するもので、主に以下の点において顧客に価値のあるソリューションが提供できます。

一点目は、初期投資を抑制し、且つ短納期でのLNG発電が可能となり、お客様の電力ニーズに柔軟に対応すると共にコスト競争力のある電力を提供可能となる事です。

二点目は、従来の重油焚き発電設備に比べ環境負荷を低減できる事です。

三点目は、両社の培ってきたノウハウおよびネットワーク活かすことで、シナジーが見込まれる事です。この度のパートナーシップにより、商船三井が長年に亘り培ってきたLNG船・FSRUへの知見、およびKarpowership社が保有する発電船(*3)の知見を組み合わせた発展的な発電ソリューションの提供が可能となります。

尚、今回の発表に先駆けて、両社はLNG船から発電船にガス供給するFSRUへの改造工事を実施中です。

今後、商船三井とKarpowership社はKARMOLブランドの下で具体的な案件を共同で推進し、様々な需要地で競争力のある発電ソリューションを提供すること、今後数年間で実績を積み上げていくことを目指します。

商船三井は、今後更なる成長の見込まれる海洋事業で積極的に事業展開を図ります。代表的な海洋事業である浮体式LNG貯蔵再ガス化設備(FSRU)や浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)に加え、洋上の石油生産施設・貯蔵設備から陸上の石油精製基地まで原油を輸送するシャトルタンカー事業、海底設備の設置・保守・修理・撤去作業に従事するサブシー支援船事業、洋上風力発電設備設置船事業などで、LNG船やタンカーによるエネルギー輸送分野で積み重ねた知見を大いに生かし、競争力No.1を目指します。

(*1)商船三井は世界最大の海運会社の一つとして各種ばら積み船、LNG船、RORO船、原油タンカーなど多彩な分野で時代の要請にこたえる総合輸送グループであり、世界最大の液化天然ガス(LNG)船のオペレーターである。

 https://www.mol.co.jp/index.html

(*2) 1948年にトルコで創業されたKaradeniz Holdings(以下「Karadeniz社」)の主要事業である発電船事業を担う中核企業。「Karadeniz社」はトルコのみならず世界市場を対象にファイナンス、不動産、造船、エネルギー分野のビジネスを行い、特にエネルギー分野では発電船事業を通じ業界をけん引している。

 https://www.karadenizholding.com/en

(*3) Karpowership社は2007年に浮体式発電設備である発電船の建造を開始して以降、発電船事業のパイオニアとして発電船の建造・保有・操業を通じて世界のエネルギー市場において存在感を示している。同社は世界中に2,500人の従業員を擁して中長期的な投資を積極的に行っており、足元ではインドネシア、ガーナ、モザンビーク、ガンビア、シエラレオネ、スーダン、レバノン等の諸国に合計20隻の発電船隊を展開し保有・操業している。

 http://www.karpowership.com/en/home?v=basic