国土交通省/ダブル連結トラックによる共同輸送が開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/ダブル連結トラックによる共同輸送が開始

ダブル連結トラックによる共同輸送が始まります!
~1台で大型トラック約2台分の輸送力を実現~

平成31年3月28日

 国土交通省は本日、ヤマト運輸(株)と日本通運(株)、西濃運輸(株)、日本郵便(株)が実施するダブル連結トラックを活用した宅配貨物等の共同輸送に関する総合効率化計画について認定しました。
 これにより、年間でCO2排出量216.5t、運転時間9,157時間の削減が見込まれます。

 国土交通省では、物流分野における労働力不足や多頻度小口輸送の進展等を背景とする物流分野における省力化・効率化・環境負荷低減を推進するため、2以上の者が連携した幅広い物流効率化の取り組みを支援しております。
 
 今般認定した計画は、ヤマト運輸、日本通運、西濃運輸、日本郵便が所有するダブル連結トラックを活用し、関東~関西間の宅配貨物等の幹線輸送を共同で実施するもので、本日、3月28日(木)から運行が開始されます。
 
 従来は、関東~関西を結ぶ宅配貨物等の幹線輸送は各社が個別に手配・運行しておりましたが、計画ではトレーラー(被牽引車・後部車両)をヤマト運輸が、トラクター(牽引車・前頭車両)を同社以外の3社が所有し、幹線輸送時にはこれらを連結して共同輸送することで
  • トラックのCO2排出量:年間216.5t削減
  • ドライバーの運転時間:年間9,157時間削減
を見込むものです。
 
 同計画で使用される25mダブル連結トラックは、本年1月29日に特殊車両通行許可基準が緩和(※)されたことにより運行が可能となったもので、1台で通常の大型トラック約2台分の輸送を行うことが可能です。
 
 事業の詳細につきましては、別紙もあわせてご参照下さい。

 国土交通省では、引き続き事業者の皆様および関係各所と連携しながら、総合効率化計画の認定を通じ、物流の効率化に取り組んでまいります。

※平成31年1月29日報道発表
トラック輸送の生産性革命 「ダブル連結トラック」の本格導入を本日よりスタート
~特殊車両通行許可基準の車両長を25mまで緩和します~
( http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001128.html )

(参考写真:25m級ダブル連結トラック)

25m級フルトレーラ
 

添付資料

報道発表資料(PDF形式:207KB)PDF形式

報道発表資料別紙(PDF形式:220KB)PDF形式