国土交通省/「海外港湾物流プロジェクト協議会 第1回ASEAN・大洋州WG」を開催|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/「海外港湾物流プロジェクト協議会 第1回ASEAN・大洋州WG」を開催

「海外港湾物流プロジェクト協議会 第1回ASEAN・大洋州WG」を開催しました
~ワーキンググループの立ち上げにあたっての意見交換会について~

平成31年3月19日

 国土交通省が設置している「海外港湾物流プロジェクト協議会」(別紙参照)において、3月15日(金)に第1回ASEAN・大洋州WGを開催し、6月に予定されている「JICA港湾アルムナイ(詳細は下記に記載)」の日本への招聘に伴い、海外港湾物流プロジェクト協議会と交流を行うなど、今後の活動方針等について議論されました。

1.日程および場所
 ・平成31年3月15日(金)15:00~16:00
 ・JICA竹橋オフィス8F 多目的会議室(東京都千代田区大手町1-4-1)
 
2.WGの概要
(1)出席者
 ・JICA 東南アジア・大洋州部、社会基盤・平和構築部
 ・国土交通省港湾局産業港湾課国際企画室
 ・民間企業37社、関係機関4機関の合計45名
 
(2)議事内容
 ・海外港湾物流プロジェクト協議会 第1回ASEAN・大洋州WGの立ち上げに関する説明
 
(3)結果概要
 ・冒頭、港湾局より、海外港湾物流プロジェクト協議会の下にASEAN・大洋州WGの立ち上げについて説明が行われた。続いてJICAより、これまでJICA主催の研修等に参加した、ASEAN・大洋州各国の港湾関係の幹部らにより構成される「JICA港湾アルムナイ」(アルムナイ:同窓生)の概要等について説明が行われた。
 ・最後に6月に予定されている「JICA港湾アルムナイ」の日本への招聘について、その際に企画されている海外港湾物流プロジェクト協議会との交流の内容など、具体的な活動について説明が行われた。
 ・その後の意見交換では、本WGの今後の展開や、ASEAN・大洋州各国の招聘すべき港湾関係者について質問がなされるなど、会員企業の関心の高さが窺われた。
 ・上記招聘事業では、ASEAN・大洋州WGの会員企業の有する優れた技術の紹介や、JICA港湾アルムナイメンバー国との意見交換が行われる予定。

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

別紙(PDF形式)PDF形式