日本郵船/グループの曳船事業子会社2社を合併|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/グループの曳船事業子会社2社を合併

当社グループの曳船事業子会社2社の合併に関するお知らせ

2019年3月18日

当社グループの曳船事業子会社である株式会社ウィングマリタイムサービスと海洋興業株式会社は、本年7月1日に合併することを決定しました。

1. 合併の目的
 社会構造や事業環境が急激に変化する中、当社グループの中期経営計画"Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green"で掲げる新たな価値創造と効率化を達成するため、両社の持つ経営資源を統合し機動的に活用すること。

2. 新会社の概要
 商号 :未定
 所在地  :横浜市西区みなとみらい 2丁目2-1 横浜ランドマークタワー13階
 代表者  :多々良 幸尋
 株主   :当社100%

3. 合併予定2社の概況
<株式会社ウィングマリタイムサービス>
 資本金:4億9,000万円
 株主:当社100%
 設立:1959年
 代表者:代表取締役社長 楠瀬 俊一
 所在地:神奈川県横浜市
 事業内容: 曳船事業、警戒船業、曳船貸渡業

<海洋興業株式会社>
 資本金:9,000万円
 株主:当社100%
 設立:1963年
 代表者:代表取締役社長 多々良 幸尋
 所在地:神奈川県横浜市
 事業内容:曳船事業、サルベージ業、船舶代理業、船舶貸渡業、内航運送業、船舶・舶用機器の輸入ならびに国内取引業、海上防災および海上公害防止事業

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。