物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

中央倉庫/売上高は前年比1・2%増、経常利益は前年比1・3%減(平成31年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

平成31年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

           売上高  営業利益  経常利益  当期純利益

31年3月期第3四半期 19,894 1.2  1,171 △3.1  1,339 △1.3  704 △27.5

30年3月期第3四半期 19,666 5.9  1,208 2.5   1,357 3.2   971 12.4

(注)包括利益 31年3月期第3四半期  △481百万円 (―%) 30年3月期第3四半期  2,428百万円 (45.2%)

(略)

(1)経営成績に関する説明

当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業業績や雇用・所得環境の改善等により緩やかな回復基調 で推移しましたが、世界経済では、米中貿易摩擦や不安定な欧州情勢、中国の景気減速等の影響により、引き続き 先行き不透明な状況となりました。 物流業界におきましては、輸出入貨物を中心に荷動きは堅調に推移しましたが、人手不足がより一層深刻にな り、また、燃料価格も上昇する等、引き続き厳しい経営環境で推移しました。 このような事業環境のもと、当社グループは、ソリューション営業力の強化に努め一貫物流への取り組みを積極 的に進めております。また、顧客ニーズへの的確な対応と業務の効率化を図るため、既存設備の改修を進めるとと もに、平成30年5月に京都支店京都PDセンターにおいて倉庫の一部改築工事が完成・稼働し、平成30年10月に北 陸支店金沢営業所において倉庫の増築工事を着工しました。また、平成30年11月に京都支店梅小路営業所(一部) の資産有効活用計画を決定しました。 さらに、貨物のセキュリティー管理及びコンプライアンス体制の強化に取り組み、平成30年6月に大阪税関長よ りAEO通関業者制度における「認定通関業者」としての認定を受けました。今後、国際物流のより迅速かつ高品質 なサービスの提供に努めてまいります。 また、さらなる業務品質の向上を図るとともに、環境に配慮したグリーン経営の推進にも取り組み、経営の効率 化に努めました。 これらの結果、当第3四半期連結累計期間の営業収益は19,894百万円(前年同期比1.2%増)、営業利益は1,171 百万円(前年同期比3.1%減)、経常利益は1,339百万円(前年同期比1.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純 利益は梅小路地区の資産有効活用に伴う一部既存倉庫設備の減損損失及び投資有価証券評価損を特別損失に計上し たこと等から704百万円(前年同期比27.5%減)となりました。 セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

① 倉庫業

倉庫業におきましては、入出庫高は前年同期に比しほぼ横ばいとなりましたが、保管残高は増加しました。た だし、新規で取扱う保管貨物に関する費用が先行して発生したこと等により営業費用も大幅に増加しました。こ れらの結果、倉庫業の営業収益は4,761百万円(前年同期比3.9%増)、セグメント利益は524百万円(前年同期 比8.5%減)となりました。

② 運送業

運送業におきましては、業界におけるトラック不足による影響等により取扱数量は減少し、燃料費は増加しま した。これらの結果、運送業の営業収益は9,679百万円(前年同期比1.0%減)、セグメント利益は運賃改定交渉 の効果等もあり765百万円(前年同期比1.1%増)となりました。

③ 国際貨物取扱業

国際貨物取扱業におきましては、通関業の輸入取扱数量はほぼ横ばいとなりましたが、輸出取扱数量、梱包業 の取扱数量は増加しました。これらの結果、国際貨物取扱業の営業収益は5,552百万円(前年同期比2.7%増)、 セグメント利益は375百万円(前年同期比0.5%増)となりました。

(略)