国土交通省/ミャンマー連邦共和国におけるティラワ港多目的ターミナルの運営事業へのJOIN出資を認可|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/ミャンマー連邦共和国におけるティラワ港多目的ターミナルの運営事業へのJOIN出資を認可

ミャンマー連邦共和国におけるティラワ港多目的ターミナルの運営事業へのJOIN出資を認可

平成31年1月30日

 

 国土交通大臣は、平成31年1月29日、(株)海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)にミャンマー・ティラワ港多目的ターミナルの運営事業への出資(約2億円)について認可しました。
 これにより、JOINは我が国企業によるミャンマーにおける多目的ターミナルの運営事業への参画を支援します。

 本事業は、ミャンマーの主要都市ヤンゴンより約20km南東に位置するティラワ港において、我が国ODAで整備したコンテナ貨物の取扱いを主とする多目的ターミナルの運営を行うもので、
住友商事、豊田通商及びJOINで構成するJ-SPCと上組とが、現地企業(KELC)とともにターミナル運営事業者(TMIT)に出資します。
 JOINの出資により、我が国企業の海外展開が促進され、我が国の有する経験やノウハウを活用した効率的な港湾運営が実現されます。
 また、本事業により、ティラワ港に隣接するティラワ経済特区進出企業の物流効率化が図られ、ヤンゴンのみならずミャンマー全体の経済発展に貢献することが期待されます。

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式