物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/北海道電力向け石炭専用船「ぴりかもしり丸」が竣工

北海道電力向け石炭専用船「ぴりかもしり丸」が竣工

2019年1月23日

―最先端の船舶用バイナリー発電システムを搭載し、CO2削減―

当社が北海道電力株式会社(以下北海道電力)の石炭輸送用に保有・運航する「ぴりかもしり丸」の竣工式が1月23日に株式会社大島造船所(長崎県西海市)で行われ、北海道電力取締役社長・社長執行役員の真弓明彦夫妻、当社代表取締役社長の内藤忠顕夫妻をはじめ多くの関係者が列席しました。

本船は北海道電力初の石炭専用船として1984年に竣工した初代「札幌丸」、2002年に竣工し現在まで同社の石炭輸送の中核を担ってきた2代目「新札幌丸」に続く3代目の専用船となり、船名にはアイヌ語(注1)が用いられました。竣工後は、苫小牧港を母港とし、主に豪州、インドネシアなどから同社苫東厚真火力発電所向けの石炭輸送に従事する予定です。

 本船にはエンジンの排熱を利用することでエネルギーを再利用する先進技術「舶用バイナリー発電システム」(注2)を搭載しています。発電した電力を船舶の補助電源などに活用して使用燃料を削減することで、約2%の二酸化炭素(CO2)排出量削減が見込まれます。

当社グループは、中期経営計画〝Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green" で掲げた事業戦略に基づき、企業・社会の持続的な価値創造を目指し、今後も安定的かつ経済的な資源輸送に努めます。

<本船概要>
(1)全長:234.99メートル
(2)全幅:43.00メートル
(3)型深さ:18.40 メートル
(4)載貨重量トン:89,372トン(注3)
(5)造船所:大島造船所
(6)船籍:日本


(注1)2018年7月31日発表プレスリリース:
北海道電力向け石炭専用船の船名を「ぴりかもしり丸」に決定
https://www.nyk.com/news/2018/1191161_1685.html

(注2)舶用バイナリー発電システム
株式会社神戸製鋼所、三浦工業株式会社と旭海運株式会社が共同で開発し、一般財団法人日本海事協会から環境保護機器の認証取得した発電システム。
2017年9月11日発表プレスリリース:
新造船に「舶用バイナリー発電システム」搭載を決定
https://www.nyk.com/news/2017/1188803_1521.html

(注3)本船が入港する苫小牧東港に入港可能な喫水(船が水に浮いている時の水面から 船体最下部までの距離)に合わせた数値。

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。