ソルティスター/クラウド連携の金属対応RFIDタグシステムを日本ミクロンと共同開発|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ソルティスター/クラウド連携の金属対応RFIDタグシステムを日本ミクロンと共同開発

クラウド連携の金属対応RFIDタグシステムを日本ミクロンと共同開発 

これまで難しかった金属製品の 棚卸や工場のIoTトレーサビリティを実現

株式会社ソルティスター(以下、ソルティスター)は、日本ミクロン株式会社(以下、日本ミクロン)と共同で、金属に対応したUHF帯※1の電子タグとクラウドが連携したシステム「SmaCoクラウド」を開発し、1月16日より販売を開始します。
「SmaCoクラウド」は、日本ミクロンの金属対応電子タグ「SmaCo」とソルティスターのクラウドシステム「SALTYSTER」、データの読み取り・書き込みができるリーダ/ライター端末をセットにした、クラウドまで一気通貫のRFID※2システムです。
本製品により、これまで電波による非接触でのデータの読み書きができるRFIDの使用が難しかった金属製品の棚卸や工場のトレーサビリティ※3などの業務時間を、従来の1/10※4に短縮することが可能となります。
■「SmaCoクラウド」で工事現場の建設機材管理や工場のIoTトレーサビリティを実現
従来のバーコードを利用した棚卸に比べて、電子タグを活用した棚卸は、一定の離れた場所にある複数の製品のデータを一気に読み取ることができるため、業務効率化に繋がるとして導入する企業が増えています。しかし、これまで電子タグと通信するリーダ/ライター端末からの電波が金属に反射して不具合が出てしまうため、金属製品の管理には活用できませんでした。

「SmaCoクラウド」は、電子タグを金属面に貼り付けても、読み書きした電子タグのデータをクラウドまで繋げることができます。これによって、建設機材など金属製品の棚卸にもクラウドを簡単に活用できるようになりました。また、工場の製造過程においても製品に電子タグを貼り付け、製造工程や原材料、仕入先などの情報を読み書きすることでIoTトレーサビリティも大きな工数を割くことなく実現することが可能となりました。