物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

カネカ/インドネシアで加工油脂新工場建設を決定

インドネシアで加工油脂 新工場建設を決定

―インドネシアの旺盛な需要増に対応―

株式会社カネカ IR・広報部
2019年1月8日
 

 株式会社カネカ(本社:東京都港区、社長:角倉 護)は、グループ会社のPT. Kaneka Foods Indonesia(本社:インドネシア・カラワン県、社長:入江潤一、三菱商事株式会社との合弁会社、以下、KFI)で総額約50億円規模の加工油脂製品の新工場を建設することを決定しました。市場拡大が続くインドネシア共和国(以下、インドネシア)での製菓・製パン素材の事業拡大を目的として、フィリング製品及びマーガリンなどを中心に生産能力を約5倍の15,000トン/年に引き上げます。新工場建設は昨年12月に着工し、2020年春の稼動を予定しています。

 インドネシア及びアジア地域は人口増加とそれに伴う中間・高所得層の増加を背景として、製菓・製パン市場は拡大し、特にインドネシアはパン消費量が平均5%/年増加するなど日本のパン食文化が広まっています。KFIは、2013年の設立以来、現地嗜好にあった製品を開発するとともに、今までにない食感や製法でやわらかいパンを提案することで、事業を拡大してきました。

 今後は、マーガリンなどの新製品の開発、拡販や、パンや菓子などの商品提案、顧客の製造サポートなど、顧客ニーズに合わせたソリューション提供を強化することで、事業展開を加速させます。また、アジア市場へ日本の美味しいパン・菓子文化を広め、早期に売上金額100億円を目指します。

 

以 上
<KFIの概要>
 
会社名 :PT. Kaneka Foods Indonesia
代表者 :社長 入江潤一
資本金 :624億ルピア(日本円:約5億円)
所在地 :インドネシア共和国カラワン県
事業内容 :フィリング製品及び加工油脂製品を中心とした製菓・製パン素材の製造販売