物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/豪州イクシスLNGプロジェクト初生産のプラントコンデンセート(超軽質油)をアジアの需要家向けに運搬

豪州イクシスLNGプロジェクト初生産のプラントコンデンセート(超軽質油)をアジアの需要家向けに運搬

2018年12月27日

当社グループのNYK Bulkship (Asia) Pte. Ltd.(本社:シンガポール)が運航するプロダクトタンカー「Challenge Peak」は、豪州イクシスLNG(液化天然ガス)プロジェクトにおいて、北部準州・ダーウィンの陸上液化プラント設備で初生産されたコンデンセート(超軽質油、以下プラントコンデンセート)を運搬します。本船はアジアに向けて、ダーウィン港を12月26日(現地時間)に出航しました。

 イクシスLNGプロジェクトは国際石油開発帝石株式会社(INPEX)がオペレーターとして仏トタル社などと推進している世界でも大規模なLNGプロジェクトで、年間約890万トンのLNG、年間約165万トンのLPG(液化石油ガス)および日量約10万バーレル(ピーク時)のコンデンセートの生産・出荷が見込まれています。

 当社は、中期経営計画"Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green"で策定した事業戦略に基づき運賃安定型事業を積み上げるとともに、多様化するお客さまのニーズに合わせて柔軟かつ最適な輸送形態を提供し、エネルギーの安定供給に貢献します。


イクシスLNGプロジェクト初生産のプラントコンデンセートを運搬する「Challenge Peak」

<本船概要>
全長 : 181.54メートル 
全幅 : 32.20メートル 
載貨重量トン数 : 45,945トン
総トン数 : 28,737トン 
船籍:シンガポール

<関連リンク>
イクシスLNGプロジェクトの特設サイト
https://www.inpex.co.jp/ichthys/index.html
国際石油開発帝石株式会社が2018年12月26日に発表したお知らせ
https://www.inpex.co.jp/news/pdf/2018/20181226_c.pdf

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。