日本通運/「東京~九州・瀬戸内航路」で寄港地変更|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本通運/「東京~九州・瀬戸内航路」で寄港地変更

日通、「東京~九州・瀬戸内航路」で寄港地変更

~内航サービスによるモーダルシフト推進サポート~

 当社は、2019年4月より、内航定期航路「東京~九州・瀬戸内航路」の寄港地およびスケジュールを変更します。

 「東京-九州・瀬戸内航路」では、当社と商船三井フェリー株式会社(社長:大江明生)で、週6日(東京:月~土発)を共同運航しています。今回の寄港地及びスケジュール変更は、この「東京-九州・瀬戸内航路」と商船三井フェリーが単独で運航する「東京-苅田航路」とを併せて再編し、トータルで東京-九州間の海上輸送サービスの向上を図ります。

20181220-1-1.jpg

【実施概要】

  • 大分寄港を東京発下り便から博多発上り便に変更
  • 宇野寄港を博多発上り便から苅田発上り便に変更
  • 御前崎寄港を東京発苅田着の下り便から東京発博多着の下り便に変更

【実施時期】
2019年4月1日発送分から開始予定

当社は今後も、海上輸送や鉄道輸送を利用したモーダルシフトの推進を広範囲にサポートし、環境やドライバー人材不足に配慮したサービスを提案してまいります。