日本郵便/国際eパケットライトの取扱国の拡大|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵便/国際eパケットライトの取扱国の拡大

国際eパケットライトの取扱国の拡大

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)は、2019年1月1日(火・祝)から、国際eパケットライトの取扱国を拡大します。

1 取扱国の拡大

新たにカンボジア及びブータンの取扱いを開始します。(計41か国・地域)取扱国・地域は別紙( https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2018/00_honsha/1213_03_02.pdf)を参照ください。

2 開始日

2019年1月1日(火・祝)

(参考)

 国際eパケットライトは、配送状況を追跡サービスにより確認でき、引受けから2~3週間程度で受取人さまの郵便受箱等に配達するサービスです。書留扱いの国際eパケットより安価な料金でご利用いただけます。

 主に、軽量で比較的廉価な内容品を送付するのに適したサービスです。

※日本郵便株式会社 Webサイト内国際eパケットライトのページ

 https://www.post.japanpost.jp/int/service/epacketlight.html

以上