物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

鴻池運輸/成田国際空港内初、制限区域内の自動走行実証実験を開始

~ 空港の地上支援業務の省力化・自動化に向けた取り組み

~ 成田国際空港内初、制限区域内の自動走行実証実験を開始

鴻池運輸株式会社(本社:大阪市 中央区、代表取締役兼社長執行役員 鴻池 忠彦)と、株式会社 ZMP(本社:東京都 文京区、代表取締役社長 谷口 恒)は、成田国際空港株式会社(本社:千葉県 成田市、代表取締役社長 夏目 誠)が運営する成田国際空港制限区域内で、来る 12 月 17 日~ 19 日の 3 日間、自動走行車両の実証実験を実施します。 当実験は、国土交通省航空局が本年 6 月 26 日から公募した「空港の制限区域内の自動走行に係る 実証実験 実証実験実施者」に、鴻池運輸と ZMP が共同で応募・選定され、成田国際空港株式会社 の協力の下、準備を重ねてきたものです。 具体的には、KONOIKE グループの日本空港サービス株式会社(JASCO)の作業スタッフの空港内 移動を、ZMP が提供する自動運転実験車両で実施し、空港制限区域内という一般道路と周辺状況や 走行ルールが異なる環境下で、自動運転技術実装に向けた検証および課題の抽出を行います。成田国 際空港株式会社は実証実験の場を提供するとともに、特に安全面での指導・支援を実施します。 年々増え続けるインバウンド需要の高まりなどにより、成田空港での航空機着回数も増加の一途を たどっています。国土交通省航空局および 3 社は、需要増の一方で、深刻化する空港の地上支援業務 の労働力不足に対応するため、空港の制限区域内において、乗客・乗員の輸送を想定した自動走行車 両の実証実験を促進しています。 今回の実験成果を踏まえ、実用化・導入などに向けた取り組みを進めてまいります。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。


成田国際空港内初、制限区域内の自動走行実証実験を開始 (596KB)  NEW