クラリオン/トラックの荷台上部死角による物損事故軽減を目的とする 車載後方カメラ「ひさしマーカー」を新発売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

クラリオン/トラックの荷台上部死角による物損事故軽減を目的とする 車載後方カメラ「ひさしマーカー」を新発売

トラックの荷台上部死角による物損事故軽減を目的とする 車載後方カメラ「ひさしマーカー」を新発売

2018年11月27日

 クラリオン株式会社(執行役社長兼CEO:川端 敦 / 以下、クラリオン)は、トラックの荷台上部の死角による後退時の庇(ひさし)や看板等との物損事故軽減を目的とする車載後方カメラシステム「ひさしマーカー」(オープン価格)を、2019年1月から発売します。
 今回発売する「ひさしマーカー」は、後退時の車両後方映像に車体から1m、5m位置の荷台高プラス20cm、車幅プラス左右各30cmの大きめな車体外枠を示す空間マーカーを表示するカメラシステムです。クラリオン製の垂直画角が広い超広角カメラ「CC6300A」または「CC6352A」と空間マーカーを表示するECU「EG4036A」(Electronic Control Unit/電子回路を用いてシステムを制御するユニット)でシステム構成します。従来の車載後方カメラは画角により垂直視野に限界がありますが、新システムは車両後退時の視認性を大幅に向上します。
181120-001
 運送業界は、運転手が不足している状況からドライバー経験不足者の増加や、乗りなれない車体の運転などの状況が見受けられます。こうした中、市街地走行が多いデイリー品配送時の狭い駐車場や建物の窓、出入口の上に取り付けられる日除けや雨除け用の庇、看板等との物損事故を軽減する効果が見込めます。対象車両は、車両高が2~3.8mの トラックや、観光バス、大型ワゴン車などです。なお、他の安全支援機器との組み合わせで、一層の注意喚起が図れます。
クラリオンは、優位性のあるエレクトロニクス技術を生かした安心・安全製品の普及を図り、クルマ社会の発展に貢献します。
 
※当資料に記載する社名、商品名は各社の商標または登録商標です。