川崎汽船/TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)への賛同を表明|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

川崎汽船/TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)への賛同を表明

TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)への賛同を表明

当社は、このたび金融安定理事会(FSB)により設置された気候変動関連財務情報開示タスクフォース (TCFD)の提言に賛同を表明しました。 FSB は世界主要 25 カ国の財務省、金融規制当局、中央銀行総裁などを参加メンバーとする国際機関 です。TCFD は FSB により設立されたタスクフォースで、 その提言は、気候変動に関連する事業影響やリ スクについての情報開示を企業に促し、機関投資家、金融機関との間で共有できるようにすることを目指し たものです。参加表明企業は全世界で 527 社となっています。(2018年 10 月 24 日現在) 当社では、2050 年に向けた長期環境指針「"K" LINE 環境ビジョン 2050~青い海を明日へつなぐ~」 (注)を策定し、事業活動による地球環境への影響の最小化を重要な課題であると位置づけています。こ の方針のもと、運航船の燃料消費量の削減、最新の省エネ設備搭載船の建造、データ収集システム「エ コ・トラック」を利用したデータ集計範囲の拡大やその信頼性・透明性向上のための第三者による認証の取 得といった取り組みを進めております。 当社は、TCFD による提言が、持続可能な社会の発展に資するものと捉え、今後も環境フロントランナ ーとして、世界中のより多くの人々が、より環境に低負荷で高効率な海運のメリットを享受できる事業の実 現を目指してまいります。

(注) 「"K"LINE 環境ビジョン 2050~青い海を明日へつなぐ~ 」:詳細は以下のリンクからご参照ください。

https://www.kline.co.jp/ja/csr/environment/management.html#002