国土交通省/ドローン物流の検証実験を長野県白馬村で実施|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/ドローン物流の検証実験を長野県白馬村で実施

山間部等でのドローン荷物配送の本格化に向けて
~ドローン物流の検証実験を長野県白馬村で実施~

平成30年10月17日

 ドローンによる荷物配送モデルの早期実用化に向け、山荘(標高1,850m)への食料等配送を一部ドローンで行う検証実験を10月22日に長野県白馬村で実施します。




 山間部等の過疎地域等において積載率の低い非効率な配送が行われている等といった物流の課題解決に向け、
ドローン物流(※)のCO2排出量削減効果及び費用対効果等を検討するため、全国5箇所(福島県南相馬市、
埼玉県秩父市、長野県白馬村、岡山県和気町、福岡県福岡市)で検証実験を予定しているところ、今般、
長野県白馬村において以下のとおり検証実験を実施します。
※ドローン物流:無人航空機を活用した荷物配送

 1.日   時 : 平成30年10月22日(月)午前10時00分~16時00分
            (予備日23日(火)、気象状況等によっては中止する可能性があります。)

 2.場   所 : 長野県白馬村
            (白馬八方尾根スキー場黒菱林道終点~村営八方池山荘)

 3.実施主体 : 白馬村山岳ドローン物流実用化協議会(代表事業者:(株)白馬館)

 4.実験概要 : 別紙のとおり

 5.取   材 : 取材を希望される方は、10月19日(金)15時までに下記問い合わせ先までご連絡下さい。
 
○ 白馬村以外の4箇所の今後の検証実験スケジュールについては、以下の国土交通省ホームページで
 随時掲載予定です。
 http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_20180628kobo.html

 なお、本実証事業は「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した
配送実用化推進調査」(環境省連携事業)として実施するものです。

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

別紙(PDF形式)PDF形式