物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本GLP/大阪府枚方市で「GLP 枚方3」を竣工

大阪府枚方市で「GLP 枚方III」を竣工
複数社との賃貸借契約により満床

 先進的物流施設およびテクノロジーを駆使したソリューションのリーディングプロバイダーである日本GLP 株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は、本日、大阪府枚方市でマルチテナント型物流施設「GLP 枚方III」の竣工式を執り行いましたので、お知らせします。なお、「GLP 枚方III」は楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)、浪速運送株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:東 宏剛)、日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長:下 義生)などとの賃貸借契約により、満床となっています。
 
 「GLP 枚方III」は地上5 階建て、延床面積117,168 ㎡の大型施設で、京都・大阪間を結ぶ主要幹線道路が集中するエリアに立地しています。第二京阪道路の「枚方東IC」、「枚方学研IC」へのアクセスに加えて、国道1 号線も利用できることから、エリア配送だけでなく広域配送にも至便な立地です。住宅エリアからも至近なほか、JR 学研都市線「長尾」駅からも徒歩圏内である等、人材雇用の点でも優れた環境を有しています。
 
 施設仕様としては、ダブルランプウェイ、中央車路を備えているほか、垂直搬送機、荷物用エレベータおよび低床バースの今後の設置にも対応可能で、幅広い業種の物流オペレーションのニーズに応えます。またテナント企業向けに「共同荷受システム」を導入し、事前のオンラインまたは当日の共同荷受室でのバース予約完了後、接車時間等がドライバーの携帯電話に直接通知されることで、荷受業務プロセス全体で負担軽減を図ります。
 
 BCP 対策としては、大阪内陸では希少な免震構造の採用に加え、72 時間対応のバックアップ電源や井水利用設備を備えているほか、館内の帰宅困難者対応として食料備蓄なども行います。また高断熱材の使用や「ビッグアスファン」[1]の設置により、快適な庫内環境を提供するだけでなく、休憩するスペースに加えてその場で調理した温かい食事を供するカフェテリア、リフレッシュコーナー、売店等を設置することで、共用部を含む施設全体における快適性を追求しています。
 
121212123.png
 
GLP 枚方Ⅲ外観
 
 
 日本GLP 代表取締役社長の帖佐 義之は、「先進的物流施設へのニーズが旺盛な大阪内陸でのプロジェクトであり、入居を決定頂いたテナント企業様からは、立地の優位性に加え、フレキシビリティの高い施設仕様、免震構造を含むBCP 対策などを評価頂きました。日本GLP は、物流施設の提供に留まらず、テクノロジーを活用した包括的ソリューションの提案にも注力しながら、テナント企業の物流業務効率化をサポートして参ります」と述べています。
 
 「GLP 枚方Ⅲ」の開発は、GLP がCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)と50%対50%の出資比率で設立した合弁事業GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーI」によるものです。現在、日本GLP は大阪府下で本施設を含め合計13 棟の物流施設を開発・運営しています。なお、「GLP 枚方Ⅲ」は米国グリーンビルディング協会が普及・推進を図る、世界的にも広く普及している建物環境認証制度であるLEED (Leadership in Energy and Environmental Design)認証の「LEED ゴールド」の予備認証を取得しています。
 
1212.png
 
日本GLP・帖佐社長(右)と伏見・枚方市長(左)による記者会見
 
<添付資料>
■ 施設概要
【GLP枚方III】
施設名:「GLP 枚方III」
所在地:大阪府枚方市長尾谷町1 丁 目2-1
敷地面積:約52,076 ㎡
延床面積:約117,168 ㎡
構 造:PC 造/免震構造
着工:2017 年4 月
竣工:2018 年9 月
以上

[1] 米国のBig Ass Fans Solutions 社が製造するHVLS(High Volume 「大風量・大容量」LowSpeed 「低回転速度」)ファン製品モデル群の総称。
 
日本GLP 株式会社について(http://www.glprop.co.jp/
日本GLP 株式会社は2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、103 棟・総延床面積約530 万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。GLP では、事業展開している地域社会およびその環境に有益且つ有意義な貢献をし、また持続可能な社会の形成に役立つため包括的なESG ポリシーを策定しています。
2018 年1 月22 日付で「日本GLP 株式会社」に社名変更いたしました。
 
GLP Pte Ltd.について(http://www.glprop.com/
GLP Pte. Ltd. (GLP) は、物流ソリューションのリーディンググローバルプロバイダーです。戦略的立地にある物流施設や先進的なエコシステムのパートナーなどのネットワークを通じて、GLP はカスタマー企業に賃貸スペースおよび価値を創出する技術革新を活かしたソリューションを提供しています。9 カ国においてマーケットにおける地位を確立している世界最大級の不動産ファンド・マネージャーであり、運用資産は500 億米ドル超、グローバル・ポートフォリオは6,300 万㎡(7 億ft2)におよびます。