鴻池運輸/ナビタイムジャパンが共同開発、業界初の特殊⾞両通⾏許可ルート表⽰機能搭載ナビ|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

鴻池運輸/ナビタイムジャパンが共同開発、業界初の特殊⾞両通⾏許可ルート表⽰機能搭載ナビ

鴻池運輸とナビタイムジャパンが共同開発

業界初の特殊⾞両通⾏許可ルート表⽰機能搭載ナビ

コンプライアンス強化と安全運⾏⽀援でドライバー・管理者負担を軽減

鴻池運輸株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役兼社⻑執⾏役員 鴻池 忠彦、以下鴻池運輸) と株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社⻑ 大⻄ 啓介、以下ナビタイム ジャパン)は、ナビタイムジャパンの「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション(以下ビジネス ナビタイム)」をベースとした、特殊⾞両通⾏許可ルート網の作成・登録が可能なナビゲーションシ ステムを共同開発し、このほど鴻池運輸の⼀部⾞両で実運⽤を開始しました。これは、膨大な通⾏許 可証に基づく運⾏ルートの作成、地図へのプロットと⾞両ごとの実績管理など、特殊⾞両の遵法かつ 安全な運⾏確保への大きな負担となっていた課題を解決するために、鴻池運輸がナビタイムジャパン に開発協⼒を依頼して実現したものです。 本システムは、申請経路の増加に伴い管理が煩雑となっている通⾏許可ルート情報を、ビジネスナ ビタイムのシステム上で⾞番と発地・経由地・着地に紐づけて登録することにより、⾞両ごとの通⾏ 許可ルートデータがドライバーのスマートフォンの画面上に表示できるというものです。 これにより、地図への手書きなどで指示されていたルート情報が、確実・迅速にペーパーレスでド ライバーに提供され、ドライバーがより運転に集中することで安全運⾏を⽀援するとともに、ドライ バーの習熟度に関わらず、確実に許可ルートを運⾏できるというコンプライアンス強化にも効果が期 待されています。 さらに、運⾏管理者にとっても、①簡単操作で配⾞計画作成が可能②ドライバーへの配⾞指示が簡 単確実に(ドライバーのスマホに表示)③⾞両ごとの最大 1 年間の運⾏実績と許可ルートの表示によ る、詳細な実績管理④各ルートごとの有効期限が表示され、申請切れを未然に防⽌-など、これまで 課題となっていた煩雑な作業が大幅に簡便化できるメリットがあります。 物流業界は、ますますひっ迫する労働⼒や、コンプライアンス意識の⾼まりの中で、他の業界以 上に AI や IoT を活⽤した省⼒化、運⾏管理の適正化が求められています。鴻池運輸は、これまで 潜在的な課題でありながら積極的な解決策が模索されていなかった、特殊⾞両通⾏許可ルートの運 ⾏管理について、ナビタイムジャパンの豊富な知⾒とノウハウを活⽤することで、ドライバーと運 ⾏管理者双⽅の負担を軽減するシステムの開発を実現し、⾃社⾞両での運⽤を開始したものです。 鴻池運輸はナビタイムジャパンと共に同システムの改善を図り、グループの特殊⾞両への本格導⼊ を目指します。またナビタイムジャパンは、今後、本連携機能の検証を重ねて本格販売につなげて いくとともに、業界のニーズに合わせた機能拡充を⾏い、安心・安全に働ける環境づくりにより⼀ 層貢献できればと考えています。