共栄タンカー/パナマ籍油槽船KAI-EIを譲渡|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

共栄タンカー/パナマ籍油槽船KAI-EIを譲渡

固定資産の譲渡および特別利益発生に関するお知らせ

 

 当社は、平成30年9月7日開催の取締役会において、当社連結子会社PYXIS MARITIME S.A.が保有(70%共有)する固定資産を下記の通り譲渡することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

     記

1.譲渡理由

 用船契約終了と本船老朽化のため

2.譲渡資産内容

 (1) 資産の内容:パナマ籍油槽船"KAI-EI"

         (2004年建造 積載貨重量トン299,997MT)

 (2) 譲渡益(※):約9.6億円(当社グループ持分)

  (注1)譲渡価額につきましては、譲渡先との守秘義務により、開示は控えさせていただきますが、市場価格等を勘案して、公正妥当な価額となっております。

  (注2)譲渡益は、譲渡価額から譲渡に係る費用等の見積額を控除した概算額です。

3.譲渡相手先

 海外の第三者法人

 (当社グループとの間に資本的関係、人的関係および取引関係はありません。)

4.譲渡の時期

 平成30年10月中旬から12月中旬

5.今後の見通し

 平成31年3月期(平成30年4月1日~平成31年3月31日)の連結決算において固定資産売却益(特別利益)として約9.6億円を計上する予定です。なお、平成31年3月期の通期業績に与える影響につきましては、他の要因を含め現在精査中であり、修正が必要になった場合には、速やかに開示致します。

以上