商船三井/北海道電力向け新造石炭専用船の船名を「ぽろぬぷり丸(PORO NUPURI MARU)」に決定|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

商船三井/北海道電力向け新造石炭専用船の船名を「ぽろぬぷり丸(PORO NUPURI MARU)」に決定

北海道電力向け新造石炭専用船の船名を「ぽろぬぷり丸(PORO NUPURI MARU)」に決定 
~アイヌ語で「大きな山」の意~


本船イメージ図

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は、北海道電力株式会社(社長:真弓明彦、本社:北海道札幌市、以下「北海道電力」)と石炭専用船外航輸送契約を締結し、同輸送を担う新造船の船名を「ぽろぬぷり丸(PORO NUPURI MARU)」(以下、「本船」)に決定致しました。

本年が「北海道」命名150年の節目であり、北の大地の歴史や文化を築いてこられた先人に敬意を表し、「アイヌ語」を用いて、北海道電力により決定されました。

「ぽろぬぷり」は、アイヌ語で「大きな山」を意味し、北海道の雄大な自然のイメージを本船に重ね、地域の更なる発展に貢献していきたいと願う思いが込められております。

本船は、2003年に竣工した石炭専航船「樽前山丸」の後継船として、サノヤス造船株式会社水島製造所にて建造、2019年第1四半期の竣工を予定しており、引き続き北海道電力向け石炭輸送の中心的役割を担います。

商船三井は今後も、培ってきた経験およびノウハウを活かし、お客様の輸送ニーズを的確に捉え、資源・エネルギーの安定・安全輸送に積極的に取組みます。

【本船要目】

全長 約235.00m
全幅 約43.00m
型深 約20.00m
載貨重量 約87,500トン(※)
(※)北海道電力の揚地である苫小牧東港喫水制限に合わせた数値