名村造船所/84,700 トン型石炭専用船1隻を受注|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

名村造船所/84,700 トン型石炭専用船1隻を受注

84,700 トン型石炭専用船1隻を受注

当社はこの度、ERICA NAVIGATION S.A.殿(President:瀬野洋一郎、本社:パナマ共和国、以下「ERICA」)より、 載貨重量 84,700 トン型石炭専用船1隻を受注致しました。

<主要目>

全 長 : 229.00m

全 幅 : 38.00m 型

深 さ : 19.10m

載貨重量 : 約 84,700 トン

本造船契約締結に合わせて7月19日、住友共同電力株式会社殿(社長:山本一心、本社:愛媛県新居浜市、 以下「住友共同電力」)と株式会社商船三井殿(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は 本新造船の石炭専用船外航輸送契約を、商船三井と ERICA は同輸送契約に投入する新造石炭専用船の傭 船契約を締結し、当社伊万里事業所にて調印式典を執り行いました。 本新造船は、2006年より住友共同電力向け専用船として活躍している当社グループの佐世保重工業株式 会社で建造した石炭専用船「ISHIZUCHI(いしづち)」の後継船として、2020年上半期の竣工を予定しており ます。 当社は今後も、船社・荷主の要請に対応し、海上輸送の安定・安全に寄与すべく、環境負荷の低い船舶の開発に 積極的に挑戦して参ります。