三井E&Sマシナリー/インドネシア・ブラワン港向け港湾荷役クレーン4基を受注|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

三井E&Sマシナリー/インドネシア・ブラワン港向け港湾荷役クレーン4基を受注

2018年06月26日

インドネシア/ブラワン港向け港湾荷役クレーン4基を受注

DSC01671.jpg

株式会社三井E&Sマシナリー(社長:岡 良一)はインドネシア共和国・PT. Prima Terminal Petikemas (PTP)より同国・北スマトラ州のBelawan Container Terminal Phase II向けに三井パセコポーテーナ(岸壁用ガントリークレーン)4基を受注しました。
本案件は第1国営港湾運営会社(ペリンド1)の子会社であるPTPが2019年内に開業を予定しているブラワンコンテナターミナルの拡張バースで使用するクレーン調達であり、当社は隣接するブラワン港既存国内コンテナバース向けに昨年11月に受注した三井パセコポーテーナ2基を含め、計6基のクレーンを2019年に順次納入する予定です。

ブラワン港は、インドネシア西部に位置しマラッカ海峡に面した港湾であり、インドネシア政府も同港を西のハブ港として戦略的に開発・整備を進めようとしています。

当社は東南アジア地区を重要市場ととらえ、マレーシア等に於ける豊富な納入実績を基にフィリピン、ベトナム、カンボジアと域内各国で継続的な受注を続け、インドネシアでも近年、2013年にジャカルタ・タンジュン・プリオック港に三井パセコトランステーナ13基を納入し、その後同港東部に建設されたニュー・プリオック・コンテナターミナル・ワン(NPCT1)にポーテーナ8基及びトランステーナ20基を納入、着実に実績を増やすと共に、海洋国家構想を掲げるインドネシア共和国で信頼される日本企業であり続ける事を目指しています。