成田国際空港/2017年度の国際航空貨物は前年比3%増で過去最高に|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

成田国際空港/2017年度の国際航空貨物は前年比3%増で過去最高に

2017年度 空港運用状況

航空機発着回数をはじめ、以下の項目について開港以来最高となりました。

= 航空機発着回数 25 万回超、航空旅客数 4,000 万人超 =

【航空機発着回数】

 航空機発着回数

年間を通じて新規乗り入れ、新規就航、増便が相次ぎ、国際線及び国内線共に好調だったことに より、前年度比 3%増の 252,447 回と、6 年連続で開港以来の最高値を更新すると共に、年度 として初めて 25 万回を突破しました。

 国際線発着回数

エアソウルの新規乗り入れや日本航空/メルボルン線及びコナ線への新規就航等に加え、韓国、香 港、中国をはじめとしたアジア方面を中心に新規就航・増便が相次いだことから、前年度比 3%増の 198,914 回と、3 年連続で開港以来の最高値を更新しました。

 国内線発着回数

バニラエア/大阪(関西)線及び函館線、ジェットスター・ジャパン/宮崎線への新規就航や増便等 により、前年度比 2%増の 53,533 回と、16 年連続で開港以来の最高値を更新しました。

【航空旅客数】

 航空旅客数

国際線外国人旅客数や国内線旅客数と もに好調だったことに より、前年度比 3%増の 40,939,895 人と、3 年連続で開港以来の最高値を更新すると共に、年度として初めて 4,000 万人を突破しました。

 国際線外国人旅客数

日本全体で訪日外客数が年度として 3,000 万人に迫る 2,977 万人と好調なことや、航空路線 の拡充等により、前年度比 11%増の 15,941,475 人と、4 年連続で開港以来の最高値を更新 しました。

 国内線旅客数

大阪(関西)線及び札幌(新千歳)線等が好調だったことにより、前年度比 3%増の 7,460,685 人と、9 年連続で開港以来の最高値を更新しました。

【国際航空貨物量】

 仮陸揚貨物量

前年度比 0.1%増の 793,421t(積込:412,570 t、取卸:380,851 t)と、6 年連続で開 港以来の最高値を更新しました。なお、航空貨物量全体としても開港以来の最高値(2004 年 度:2,297,555t)に迫る 2,282,097t と歴代第 2 位となりました。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

成田空港運用状況(2017年度)