鴻池運輸/NSDと情報システム開発の合弁会社設⽴で基本合意|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

鴻池運輸/NSDと情報システム開発の合弁会社設⽴で基本合意

鴻池運輸と NSD

情報システム開発の合弁会社設⽴で基本合意

KONOIKE グループ内業務システムと、顧客企業の物流システムの強化へ

鴻池運輸株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役兼社⻑執⾏役員 鴻池 忠彦、以下鴻池運輸) と株式会社 NSD(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑ 今城 義和、以下 NSD)は、共同で情報 システムの受託開発を手掛ける合弁会社を設⽴することで、本⽇基本合意しました。会社設⽴、出資 完了は 7 月中を目指しています。出資完了時の出資⽐率は鴻池運輸が 70%、NSD が 30%となる予 定です。 合弁会社設⽴の目的は、以下の3点です。 ①KONOIKE グループ全社向けのシステム企画、設計、プロジェクト管理、導⼊展開 ②KONOIKE グループシステムエンジニア(SE)人材の AI・IoT などの先端技術習得と スキルアップ ③開発した高品質な IoT、ロボット技術など IT 関連サービスの、KONOIKE グループの 既存および新規顧客への提案、導⼊推進 具体的な両社の事業スキームは以下を予定しています。 ①鴻池運輸が IT 戦略・企画、IT 統制全般、IT 予算管理を担当。グループの全 IT システムの 課題解決に向けたシステム企画、システム構築、プロジェクト管理業務を合弁会社に委託 ②NSD は目的に沿ったプロジェクトマネージャー(PM)、SE を合弁会社に派遣し、業務の遂 ⾏と鴻池運輸の SE 育成⽀援を⾏うとともに、合弁会社からのシステム開発の受託・保守メ ンテナンス、先端技術の提供と協業⽀援を⾏う ロジスティクス業界は、昨今ますますひっ迫する労働⼒や、コンプライアンス意識の高まりの中 で、他の業界以上に AI や IoT を活⽤した省⼒化の必要性が叫ばれています。そこで鴻池運輸は、 今回の合弁会社に自社内の情報システム部門のエンジニアの一部を出向させ、先進技術を駆使した システム企画から導⼊展開の全工程に NSD の PM、SE とともに携わらせることで、ノウハウの習 得とスキルの向上を図り、グループ内システムの改革の加速を目指します。さらに将来的には、グ ループ外の顧客企業への省⼒化提案やシステム開発受託まで、従来以上に高品質でコスト⼒の高い 物流ソリューションを提供することを目指していきます。 また、NSD は 10,000 システム以上の開発案件で蓄積した実績・ノウハウや、AI や IoT などの 先端技術を合弁会社に提供することで、鴻池運輸の発展を IT で⽀えるとともに、合弁事業を通じて ロジスティクス業界の現場に応⽤できる最先端のソリューションの開発・提供を図っていきます。