日本貨物航空/2018年5月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額を変更|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本貨物航空/2018年5月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額を変更

2018年5月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額変更について

日本貨物航空株式会社(NCA、本社:千葉県成田市、社長:大鹿 仁史)は、当社が燃油指標価格に用いている2018年3月の平均燃油価格が1バレルあたり79.07ドルとなったことを受け、スキームに基づき、2018年5月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額の改定を2018年4月6日付で国土交通省より認可を取得いたしました。

  1. 適用金額
    TC1(主に北米・中南米)宛
    65円/Kg
    TC2(欧州・アフリカ・中近東)宛
    65円/Kg
    TC3遠距離(下記以外のTC3)宛
    55円/Kg
    TC3近距離(香港・中国・台湾)宛
    46円/Kg
  2. 適用開始日2018年5月1日 発行の航空運送状より
  3. 燃油サーチャージ適用表・減額及び廃止条件別紙参照